【レクチャー】7月4日「俳優・小牧游のスウェーデン演劇案内」


弊センターでは1972年から、1年間の国内外の舞台芸術状況をまとめた『国際演劇年鑑』(日英2分冊)を企画・編集・刊行しています。日本語版の「世界の舞台芸術を知る-Theatre Abroad」には日本国内と世界20以上の国・地域の舞台芸術について、専門家に原稿を寄せていただいています。限りある誌面に収まりきらなかったお話など、もっとお届けしたい!という想いから『国際演劇年鑑』の執筆者の方によるレクチャーを行います。7月には2002年からスウェーデン演劇をレポートしてくださっている小牧 游さんにお話を伺います。

「国際演劇年鑑」ワールド・シアター・レポート#File 3「スウェーデン」
「俳優・小牧游のスウェーデン演劇案内-ストリンドベリとの出会いから最近の作品まで-」
ナビゲーター:
小牧 俳優・ストックホルム在住/劇団民藝所属)

日時 7月4日(水)19時30分~21時 ※開場は19時を予定しています
会場 ぎゃらりい たねから(千駄ヶ谷)
参加費 1000円(予約優先)

スウェーデンを代表する劇作家、アウグスト・ストリンドベリに魅せられてスウェーデンに渡った小牧さん。
今回は、“男女平等の国”スウェーデンならではの「#Me Too」 (*) 時代の演劇事情を、「国際演劇年鑑」最新号の誌面に収まりきらなかったぶんまでご紹介いただきます。
最近の作品や、劇場のしくみ、スウェーデンでの生活やスウェーデン演劇との出会いについても、時間のゆるすかぎりざっくばらんに、ときに辛口の批評を交えてお話しいただく90分。どうぞお楽しみに。

*)「#Me Too」(ハッシュタグ・ミートゥー)とは、セクハラや性暴力を受けたことがある女性がフェイスブックやツイッターなどのSNS上で「#Me Too(私も)」と自身の受けた被害を公表・告発するアクションのこと。2017年、アリッサ・ミラノ(アメリカの女優・歌手)による呼びかけで広まりました。

小牧さん2IMG_8118[1]

講師近影

◇講師について◇
小牧 游(こまき・ゆう)・・・アウグスト・ストリンドベリに魅せられて、1981年に初渡瑞。1994年と2001年、文化庁派遣在外研修員としてストックホルムに滞在。王立ドラマ劇場、テアター・レプリカなどに出演。イエーブレフォルクシアターで演出助手など。劇団民藝所属俳優。北欧戯曲の翻訳も。ストックホルム在住、前ストックホルム日本人会会長。2002年より国際演劇協会日本センター刊「国際演劇年鑑」に寄稿。

会場へのアクセス
ぎゃらりい たねから
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-20-12
★JR「千駄ヶ谷」駅より徒歩3分
★大江戸線「国立競技場」駅 A4出口より徒歩3分
★副都心線「北参道」駅 出入口2より徒歩5分

たねから マップ

 

 

 

 

【お申込・お問合せ】
国際演劇協会日本センター事務局
Mail : iti.lecture@gmail.com
TEL : 03-3478-2189 (平日11時〜17時)

※メールでご予約の場合は、
件名を「スウェーデン演劇レクチャー申込」として、
本文に以下4点をご明記ください。
1)氏名・ふりがな
2)人数
3)日中に連絡をとれる電話番号
4)iti.lecture@gmail.comから受信可能なメールアドレス

文化庁委託事業「平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
国際演劇年鑑2019関連企画
主催 文化庁、国際演劇協会日本センター
制作 国際演劇協会日本センター

70th Anniversary Logo-Color Reverse-EN