機関紙「ITIニュース」


ITI日本センターでは、当協会の活動や国内外の舞台芸術と国際交流に関する情報を掲載した機関紙「ITIニュース」を発行し、会員の皆さまをはじめ、舞台芸術関連組織、駐日大使館文化部・広報部、文化センターなどに配布しています。

B5版・約8~16ページ(号によって異なります)
発行回数:1~2回/年
発行部数:約1000部

 

「ITIニュース」の初回発行号(1951年5月発行)

まだ「ITIニュース」と銘打たれてはいませんが、ITI日本センターが発行した初の「機関紙」が事務局に保存されています。

内容は、ITI日本センターの創立趣意、定款草案の抜粋、日本センター設立の経過、日本センターと日本政府との関係について、ITI憲章の抜粋などのほか、ITIの名誉会長であり、『夜の来訪者』の作者として知られる劇作家J・B・プリーストリー(1894-1984)によるITIの存在意義について書いた原稿も掲載されています。

また、ITI日本センター設立のための世話人として、川端康成、河竹繁俊、北村喜八、久保田万太郎の4名が名を連ね、設立に向けたメッセージを寄せるほか、日本センターのITI正式加盟が承認されることになる「ITI第4回オスロ大会」のプログラムも記載されています。

オスロ大会の会期中には「現代舞台美術展覧会」が併催され、日本からは伊藤熹朔製作『ミカド』の舞台美術のほか、長谷川勘兵衛製作の歌舞伎作品『金閣寺』の舞台美術模型や、鳥居忠雅製作の歌舞伎の看板絵などが出品されたことも記録されています。

記念すべき「ITIニュース」の初回発行号は、こちらからご覧いただけます。

初号以降の「ITIニュース」は閲覧もできますので、事務局へお問い合わせください。

 

「ITIニュース」最新号

No.124 (2014年1月31日発行)
 

「ITIニュース」バックナンバー

No.123 (2013年1月31日発行)
・公益社団への移行に向けて
・今年11月 雲南省昆明でアジア演劇祭
・韓国演劇界 文化政策背景に新たな流れ
・地球環境を考えるための日韓演劇交流 光州・麗水で
・紛争地域から生まれた演劇シリーズ4年目
・世界の同時代演劇を知る レクチャーシリーズ開始  ほか

No.122 (2012年1月15日発行)
・第19回内村直也賞、スウェーデンの舞踏グループ SU-EN に
・「公益社団法人」設立総会へ向けて
・中国・重慶で「アジア演劇人連盟」発足 ITI 加盟を視野に
・第33回ITI世界大会、中国・厦門で開催
・第2回GATS(世界演劇学校連盟)フェスティバル
・世界のITI が「HELP JAPAN」キャンペーン  ほか

No.121 (2011年1月20日発行)
・第17回内村直也賞、スロヴェニアの『松風』に
・事業報告 伝統芸能ワークショップ<雅楽>
・「演劇と環境」公演とシンポジウム 杭州・上海で開催
・日韓演劇交流センター リーディングとシンポジウム開催
・ユネスコ第2回芸術教育世界大会開催
・帰国報告 文化庁新進芸術家海外研修生

No.120 (2010年2月10日発行)
・ITIドラマ・リーディング@キジムナーフェスタ
・“演劇”が喚起する地球環境への感性と国際協力
・紛争地域から生まれた演劇「バルカンの同時代演劇」
・事業報告 伝統芸能ワークショップ<狂言>
・ITI世界大会のゆくえ
・海外の舞台芸術関連ニュース  ほか