【会員近況】伊藤巴子さん ご著書『舞台歴程ー凛として』5/28刊行のおしらせ


長きにわたり、弊センターの活動にご助力いただいている伊藤巴子さんのご著書『舞台歴程―凛として』が5月28日、一葉社から刊行されました。伊藤さんがこれまでに寄稿された数々の文章を松本昌次さんがまとめたものです。

舞台歴程

お問い合わせは書店または一葉社まで。(アマゾンでもじきにお求めいただけるようになるそうです)
一葉社 TEL 03-3949-3492 FAX 03-3949-3497
E-Mail ichiyosha@ybb.ne.jp

*****

⬛︎『舞台歴程―凜として』  伊藤巴子著

『夕鶴』の劇作家・木下順二氏らの推奨により本物の演劇人にのみ与えられるあの山本安英賞を受賞し、世界的な名作『森は生きている』の主演で通算2000公演超えの記録を樹立!―俳優座養成所を卒業して「劇団仲間」創設以来、フリーランスで活躍する現在までの60年余、『森は生きている』ほか数かずの記念碑的作品を演じつづけ、要職に就きながら中国をはじめ各国との演劇交流に尽力し、全国各地の児童青少年演劇活動の支援や指導に取り組む伝説的な舞台女優初めての書。

北海道から沖縄まで全国各地で芝居を創りつづけたこれまでの舞台一筋の軌跡と、国内はもとより中国・韓国・豪州・ハワイ・西欧・北欧・ロシア・キューバへと世界の演劇を観つづけた感動・発見の旅、そして揺るぎなくも温かく柔らかい視点からの劇評と演劇人物評等あわせて116篇を収録。

名女優は、舞台の上で凜として立ち、時間も空間も、おとなと子どもの境界線も飛び越える。

◆ 2800 円(税別)・四六判・400 頁・一葉社・東京2016/5 刊・ISBN978-4-87196-059-5

******