【会員近況】団体会員 演劇集団ア・ラ・プラス より8月1日初日『かもめ』のご案内


団体会員、演劇集団ア・ラ・プラスの杉山剛志さんとチェ・ヘミさんから第13回公演『かもめ』のご案内です。

2015年には、『バルカンのスパイ』(作:ドュシャン・コバチェビッチ 演出:杉山剛志)でセルビア5都市ツアーを敢行するなど精力的な活動を繰り広げるア・ラ・プラス。主催の壁なき演劇センターでプロデューサーを務める宗重博之さんが『国際演劇年鑑2016』でツアーレポートを書いて下さっています。

ITIでは、2013年の「紛争地域から生まれた演劇vol.5」『3in1』リーディング上演の際に杉山剛志さんに演出をお願いしました。http://iti-japan.or.jp/conflict_2013/

これまで数々の上演が繰り返されて来たチェーホフの『かもめ』。

この夏魅力的なキャストを迎えた新たな『かもめ』の誕生にどうぞご期待下さい。

=====…

壁なき演劇センター主催
演劇集団ア・ラ・プラス第13回公演
『かもめ』

作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出・構成:杉山剛志(演劇集団 ア・ラ・プラス)

【公演日程】
2016年8月1日(月)~7日(日)
※受付・開場は開演の30分前
8月
1日(月)19:00
2日(火)19:00
3日(水)19:00
4日(木)14:00/19:00
5日(金)19:00
6日(土)14:00/19:00
7日(日)14:00

【会場】東演パラータ(東京・下北沢)http://www.t-toen.com/parata.html

【出演】
蔡恵美チェヘミ(演劇集団ア・ラ・プラス)
安藤繭子
江前陽平
小篠一成(劇団黒テント)
志賀澤子(東京演劇アンサンブル)
東ヶ崎恵美
友野翔太
西村清孝(リベルタ)
服部晃大
松田崇

【スタッフ】
美術:加藤ちか
照明:大野道乃
音響:高塩顕
衣裳:原田夏おる
ヘアメイク:橘房図
舞台監督:吉田誠
舞台監督助手:古舘裕司
宣伝美術:ミツヤスカナ
制作:後藤絢子、高橋俊也
協力:劇団黒テント、東京演劇アンサンブル、リベルタ、Lieta(アクセサリーデザイン)、竹下千里(チリムーロ)
主催:一般社団法人 壁なき演劇センター
助成:平成28年度芸術文化振興基金 舞台芸術等の創造普及活動
後援:ロシア連邦大使館/ロシア連邦交流庁

【チケット】 6月10日発売
前売3800円/当日4500円/学生3000円
(学生券をご希望の方は当日、学生であることを証明できるものをお持ちください)

【ご予約・お問合せ】
電話予約:090-3474-7999
メール:tcww.contact@gmail.com
(メールの場合は、氏名、ご希望の日時、席種、人数、連絡のつきやすい電話番号、tcww.contact@gmail.comからのメールを受け取れるメールアドレスをご明記の上、お送りください。差し支えない範囲で、この公演を知ったきっかけを簡単にお書き添えいただければ幸いです)

■□■□■□■□■□■□
『かもめ』あらすじ
新たな人生へ飛び立ちたいと願う若き劇作家志望のトレープレフは、己が愛と芸術の女神、ニーナと共に芝居を作って上演するが、想い半ばで自ら幕を降ろしてしまい、ニーナからの信頼はおろか、自分自身のことさえ信じられなくなる。
しかし、この上演はまわりの人々の人生に強い影響を与えることになる。トレープレフへの苦しい恋心に終止符を打とうというマーシャの決意は揺らぎ、ドールンは失った人生を取り戻したい衝動に駆られ、トリゴーリンは、自分にはない自由な芸術的感性とその泉であるニーナに惹かれはじめる。さらに、そんな彼らに想いを寄せる他の人々の情熱が重なって、次第に彼らは再起への欲求を募らせ、その人生は大きくうねり変化していく。
そして2年後――まったく別人のようになった彼らは、再びかつての場所であいまみえることに・・・
■□■□■□■□■□■□■□ 

image2image1