【会員近況】坂手洋二さんより 『ゴンドララドンゴ』のお知らせ


燐光群の公演『ゴンドララドンゴ“Go-n-do-la, La-do-n-go”』のご案内です。

人生は長かったか短かかったか、これでほんとうによかったのかどうか、
落ちていく間に考えよう。
揺られ流され、生きてきた。私たちの30年を振り返る、
ちっぽけだけどSomethingsに満ちた、空中大河ドラマ。

────────────────────────────────────
燐光群『ゴンドララドンゴ』 作・演出○坂手洋二
7月16日(土)〜31日(日)下北沢ザ・スズナリ
────────────────────────────────────

1980年代、東京。ゴンドラやブランコに乗って、ビルのガラス清掃、外壁補修等、高所作業を業務の中心とする会社があった。全員が同じ時給、出勤は自己申告、「原始共産制」を標榜する自由な気風の中、社員の半数は俳優や音楽・美術等のアーティストだった。仕事のこと、未来のこと、さまざまな問題でぶつかり、通じ合う仲間たち。「昭和」「バブル」の終焉を経て、彼ら、そして家族たちは、さまざまな選択をしてゆく。

そして現在。私は、幼い頃、横書きされていた「ゴンドラ」という文字列を逆に読んだ記憶を頼りに、思いがけず、父たちの時代と出会い直すことになった。
────────────────────────────────────
日本社会は、どのような経緯をたどって現在の状態にあるのか。それを1990年前後の「バブル」の時期、そしてそれが変容していく象徴的な社会事件の多かった「95年」前後、そうした時期を舞台に描き出します。二十世紀の終わり頃の、一種の無風状態の中にある、しかし予感に満ちた日本の姿を描き、私たちの現代のあり方を照射します。当劇団のメンバーが実際に働いていたビル外壁の仕事の現場を触媒に、アーティスティックな実験も果たします。

日本の歴史を独自の視点で振り返り、現在を生きる私たちにとって示唆に満ちた作品となるでしょう。『現代能楽集 クイズ・ショウ』以来、燐光群に四度目の参加となる都築香弥子、『プルーフ/証明』で注目され『カムアウト』でも鮮烈な印象を残した百花亜希(DULL-COLORED POP)、『カウラの班長会議(side A)』等にも参加した山村秀勝、坂手洋二演出『荷』(東京演劇アンサンブル)で強い印象を残し、現在は自らのユニット「さんらん」で活躍する尾崎太郎といった魅力的なゲストが参加します。さらに、円城寺あやが特別出演することとなりました。

海外公演も視座に入れ、当劇団で最も海外で人気を博している「屋根裏」以上に、オリジナリティ溢れたコンセプトと美術により、ワールドワイドな関心を集めることと思います。ご期待下さい。

【出演】
都築香弥子 中山マリ 川中健次郎 猪熊恒和 大西孝洋 百花亜希
杉山英之 武山尚史 山村秀勝 尾崎太郎 樋尾麻衣子 田中結佳
宗像祥子 秋定史枝 大浦恵実 円城寺あや

【上演スケジュール】

14:00開演・・17日・18月祝・20水・23土・24日・28木・30土・31日
19:00開演・・16土◎・19火・20水★21木★・22金・23土・25月・26火・27水★・28木・29金・30土

◎7/16(土)はプレビュー(→受付終了しました)

は坂手洋二と以下のゲストとのアフタートークあり。
7/20(水)Aya Ogawa(作家・演出家・翻訳家)
7/21(木)岡町高弥(マンスリータカミツ編集発行人・ライブ評論家)
7/27(水)松岡和子(翻訳家・演劇評論家)
本公演の前売券をお持ちの方、ご予約の方はご入場頂けます。

一般前売¥3,600 ペア前売 ¥6,600 当日¥4,000
大学・専門学校生&U-25(25歳以下) ¥2,500 高校生以下 ¥1,500
※学生&U-25は、前日までにご予約の上、当日受付にて要証明書提示。

燐光群オンラインチケット(一般・ペア前売のみ)http://rinkogun.com
CoRich舞台芸術!WEB予約 https://ticket.corich.jp/apply/74950/
ご予約・お問合せ 燐光群/(有)グッドフェローズ 03-3426-6294

ticket-rinkogun@ee.alles.or.jp

ご来場を心よりお待ちしております。

ゴンドララドンゴ チラシ最終_ページ_1ゴンドララドンゴ チラシ最終_ページ_2

燐光群/(有)グッドフェローズ