【会員近況】瀬戸宏さんよりご著書『中国の現代演劇  中国話劇史概況』のご案内


中国演劇研究家の瀬戸宏さん(摂南大学名誉教授)が9月下旬に『中国の現代演劇 中国話劇史概況』を東方書店より刊行されました。20世紀から現在にいたる中国演劇(話劇)を概観できる本です。瀬戸さんよりメッセージをお寄せいただきました。
************************
中国の現代演劇

1999年に東方書店から出版され2009年に品切れとなった『中国演劇の二十世紀 中国話劇史概況』を大幅に増訂したものです。字数にして『中国演劇の二十世紀』16万字(400枚)から五割増の24万字(600枚)になっています。

1930年代部分を分割して2章あてたほか、1990年代を大幅に増訂し、21世紀部分を新たに1章書き下ろしています。台湾・香港・マカオ部分も21世紀の動向を中心に大幅に増補しています。

また、各章にコラムを設け、本文で書ききれなかった内容を集中的に記述しています。コラムには、シェイクスピア、イプセン、ベケット、レーマン(『ポストドラマ演劇』)の影響関係を扱ったものもあり、中国演劇になじみのない人にも興味を感じていただけるでしょう。巻末にはさらに各時代の代表的な20作品のあらすじが収められています。舞台写真なども大幅に追加されています。

学生・市民に広く読んでいただきたいという著者の希望で、価格も2600円+税におさえてあります。内容の詳細は東方書店ホームページをご覧ください。