せたがやこどもプロジェクト2018《ステージ編》
この子たちの夏
1945・ヒロシマ ナガサキ


この子たちの夏2018

1945年8月、広島、長崎で原子爆弾にあった子供たち、子供を失った母たち、母親を失った子供たちの手記などで綴る一時間半の朗読劇

・8月4日(土) 開演:13時・17時
・8月5日(日) 開演:14時

 上演時間:90分(休憩なし)
 ロビー開場:開演の60分前
 客席開場:開演の30分前
 ※東京公演にはすべて英語イヤホンガイドあり
 ※ロビーに喫茶コーナーあり

【会場】
世田谷パブリックシアター

アクセス
東急田園都市線三軒茶屋駅(渋谷より2駅・5分)より地下通路にて直結/
世田谷線三軒茶屋となり(キャロットタワー3階)
詳細はこちら

【構成・演出】木村光一
【出演】
8月4日(土):
かとうかず子、高橋紀恵、床嶋佳子、西山水木、根岸季衣、原日出子

8月5日(日):
かとうかず子、高橋紀恵、床嶋佳子、西山水木、根岸季衣(※)、原日出子

短歌・俳句の朗読:髙安智実 都内在学の中・高校生

[出演者変更のお知らせ]
8月5日(日)に出演を予定していた古村比呂さんは、病院治療延期のため本公演に参加することが不可能になりました。
代わりは、根岸季衣さんにお引き受け頂くことになりました。
お客様には、ご迷惑、ご心配をお掛けしまして誠に申し訳ございません。
何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

公益社団法人国際演劇協会日本センター
本件に関するお問合せ:地人会新社 03-3354-8361

【チケット】(消費税込・全席指定)
一般 3,000円
高校生以下 1,500円(要年齢確認)
ファミリー割引 1,000円(保護者同伴の中学生以下)

【チケットのお申し込み・お問い合わせ】
J-Stage Navi 電話:03-5912-0840(平日11:00~18:00)

あらすじ

1945年8月、広島、長崎で原子爆弾にあった子供たち、その死を看取った母、看取ることのできなかった母たちの残した手記、詩歌、また、母親を原爆によって失った子供たちの手記等を六人の女優と六人の地域参加者が読む一時間半の朗読劇。

「第一部 ヒロシマ」「第二部 ナガサキ」「第三部 その後」という構成になっており、白血病にかかり苦しい日々の中でも「生きよう、生き抜こう」と強く明日を夢見る少女の文章で締めくくる。
戦争・原爆反対を声高に訴えるのではなく、無情にも引き裂かれた母子の、母を慕う子供の心、子を想う母の気持ちが飾り気のない言葉で綴られ、観客の心の深い部分に平和な世界であることの素晴らしさ、いのちの絆の尊さを訴えかける。

(参考):木村光一と地人会は、「『この子たちの夏』1945・ヒロシマ ナガサキ」の上演に対して、第52回菊池寛賞を受賞しています。(2004年)

本作の上演の意義、特色

『この子たちの夏 1945・ヒロシマ ナガサキ』は戦争・原爆の災禍と向き合い、いのちの大切さを訴える作品です。1985年の初演以来、全国47都道府県、398市町村で802回上演を続けてきました。

3.11の東日本大震災とそれに続く福島第一原子力発電所の事故によって、「ヒロシマ、ナガサキ」は、私たちにとって新たな意味を持って現れてきました。放射線量が広島長崎との対比によって日常的に語られることになった今日、日本人によって書かれた被爆者の証言の記録を朗読劇として上演し続けることは、当事者性及び記憶の伝達と継承の意味で、世界の人々にとって重要な意味を持ちます。2011年8月の新キャストによる上演は、東日本大震災以前に企画されたものでしたが、私たちがフクシマ以後を考えていくためにも、ヒロシマやナガサキの記憶を若い世代や未知の観客に伝えていくことの重要さを実感しています。今回も、2012年からとり入れた東京公演での英語イヤホンガイドを全公演でご提供致します。ぜひ、東京に滞在する外国人や、海外の観客の方々に観ていただく機会を広げていきたいと考えています。戦後70年の節目を過ぎ、戦争の歴史を風化させないためにも、本公演が戦争を語り継ぐ一助となればと願います。

主催:公益社団法人 国際演劇協会日本センター
提携:公益財団法人 せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区/世田谷区教育委員会
制作:地人会新社

banner2
平成30年度 親と子のふれあい交流活動補助事業
この公演は競輪の補助を受けて実施します。

[平成30年度地方公演日程]
2018年7月28日(土)14時 上越文化会館大ホール

 
● アーカイブ
この子たちの夏(2013年)
この子たちの夏(2015年)
この子たちの夏(2016年)