伝統芸能ワークショップ


1308_ws_chirashi

夏のワークショップの季節がやって来ます。
今年は《能》です。海外からのアーティストとともに、
「能」を通して日本文化を集中的に学び、特に今年は「立つ」という姿勢について西洋と日本の基礎を比較しつつ、演戯の基本を学びます。基礎のカマエ、ハコビから発声・演技など、能楽の実技研修を行います。 

日時 2013年8月22日(木)~8月30日(金)
研修時間は毎日午前10時から午後5時半まで
会場 銕仙会能楽研修所能舞台および稽古場(東京・青山ー表参道)
監修 能楽師 観世銕之丞
講師 観世銕之丞師はじめ銕仙会シテ方の諸先生
(清水寛二、西村高夫、柴田稔、馬野正基、ほか)
研修内容 物語性と舞踊性をもつ演目『羽衣』を中心に、呼びかけ・キリの舞および舞働(マイバタラキ)などの稽古 面・装束つけの体験、能の動きの基礎(カマエ・ハコビ)、発声の基礎、声の技術等
参加費 30,000円
募集人数 20名 国籍・性別・年齢は問いません
応募資格
舞台芸術のプロおよびプロを目指す方
応募締切 (定員につき受付終了しました)

制作:(社)国際演劇協会日本センター
〒151-0051 渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂内
tel : 03-3478-2189  fax : 03-3478-7218
iti@topaz.dti.ne.jp

平成25年度 文化庁 次代の文化を創造する新進芸術家育成事業