ワールド・シアター・デイ


●3月27日は《ワールド・シアター・デイ》

1954年夏、ITIは国際的な演劇フェスティバルの先駆けである「シアター・オブ・ネイションズ」(Theatre of Nations=諸国民演劇祭)をパリのサラ・ベルナール劇場(現・パリ市民劇場)で開催し、以降、歌舞伎や京劇、ベルリナー・アンサンブルやモスクワ芸術座など、世界各国の演劇を紹介してきました。

1961年のITI総会で、ITIフィンランド・センターから「世界の舞台人が舞台芸術への思いを共有する日を」という提案があり、翌年のシアター・オブ・ネイションズ初日の1962年3月27日、初めてのメッセージが発信されました。

以来、ITIは3月27日を、世界の国々が舞台芸術を通して平和を願う《ワールド・シアター・デイ》とし、この日の前後に記念イベントを開催しています。

 

ワールド・シアター・デイ・メッセージ

そうしたイベントのひとつに、世界の舞台人に向けた「ワールド・シアター・デイ・メッセージ」の発信があります。1962年のジャン・コクトーをはじめ、アーサー・ミラー、ローレンス・オリヴィエ、ピーター・ブルック、ルキノ・ヴィスコンティ、ウジェーヌ・イヨネスコ、アリアーヌ・ムヌーシュキン、ジュディ・デンチ、ジョン・マルコヴィッチなど各国の舞台人が、この日、メッセージを送ってきました。

 

今年のワールド・シアター・デイ・メッセージ

2017年:イザベル・ユペール

© Pascal Victor

© Pascal Victor

 またこの日がめぐってきました。ワールド・シアター・デイは、毎年春に開催されて55年目を迎えます。この一日、つまり24時間は、能と文楽の傍らではじまり、京劇とカタカリを経由して、ギリシャとスカンジナビアの間でアイスキュロスからイプセン、ソフォクレスからストリンドベリを、イギリスとイタリアの間ではサラ・ケインからピランデッロをゆっくりとたどります。そして私たちがいるフランス、世界で最も多くの外国のカンパニーを受け入れているパリでは、とりわけ長居をするでしょう。それから私たちの24時間は、フランスからロシアへ、ラシーヌやモリエールからチェーホフへと私たちを運んでくれ、大西洋を渡って、最後にカリフォルニアの大学のキャンパスにたどり着きます。そこでは若い人たちが新しい演劇を創造しようとしているかもしれません。演劇はつねに自らの灰から蘇るものだからです。演劇とはたえず棄却されるべき約束事です。だからこそ演劇は生き続けているのです。演劇には、時空のへだたりをものともしない、あふれるような生命が宿っています。もっとも同時代的な作品も数世紀にわたる記憶によって培われ、もっとも古典的な演目は上演のたびに現代の作品へと生まれ変わるのです。

 ワールド・シアター・デイは、私たちの日常の平凡な一日ではありません。その一日は途方もない時空間に再び命を与えてくれます。時間と空間について考えるため、フランスの劇作家、才気煥発で慎み深いジャン・タルデューに助けを求めましょう。空間についてタルデューは、「ある地点からもう一つの地点へのもっとも長い道のりは?」と尋ねます。時間については、「永遠エテルニテ」と発音するのに要する時間を0.1秒単位で計ることを提案します。そして時空間については、こう言います。「眠りにつく前、どこでもいい、空間の2つの点を心にとどめてください。そして夢の中で、その一方からもう一方に行くのにかかる時間を計算してください」。私が注目したいのは、「夢の中で」という言葉です。まるでジャン・タルデューとロバート・ウィルソンの邂逅かいこうです。ワールド・シアター・デイをサミュエル・ベケットの『しあわせな日々』のせりふに要約することもできます。ベケットは彼独特の簡潔な文体でウィニーにこう言わせています。「ああ、今日もしあわせな日になりそう」。今回、メッセージ発信者という栄誉に与り、スピーチの内容を考えながら、さまざまな舞台で生まれたいろいろな夢のことを思い出しました。私はここユネスコ本部の会場に一人で来たのではありません。私が演じたすべての登場人物たちと一緒です。舞台が終われば登場人物も去ってしまうように思いますが、彼らは演じ手の中に密かに棲みつき、次に演じる役を助けたり、壊してやろうと待ちかまえているのです。フェードル、アラマント、オーランドー、ヘッダ・ガブラー、メディア、メルトゥイユ侯爵夫人、ブランチ・デュボワ……また私が一人の観客として愛し、拍手を送った登場人物たちも一緒にいます。ここでは自分が全世界に属していると感じます。私はギリシャ人であり、アフリカ人であり、シリア人、ヴェネツィア人、ロシア人、ブラジル人、ペルシャ人、ローマ人、日本人、マルセイユ人、ニューヨーカー、フィリピン人、アルゼンチン人、ノルウェー人、韓国人、ドイツ人、オーストリア人、イギリス人であり、本当に全世界の人間です。ここにこそ真のグローバリゼーションがあるのです。

 1964年のワールド・シアター・デイでローレンス・オリヴィエは、1世紀以上の苦闘の末、ついにイギリスに国立劇場が誕生したと告げました。オリヴィエはすぐにこの国立の劇場を世界劇場にしたい、上演するレパートリーだけでも国際的なものにしたいと考えました。シェイクスピアは世界中すべての人々のものだということがよくわかっていたのです。

 1962年の最初のワールド・シアター・デイメッセージを発信したのがジャン・コクトーだったと知ってうれしく思いました。『80日間世界一周――私の初めての旅』を書いたコクトーにふさわしいではありませんか。私も80の舞台や80の映画に出演し、彼とは別のかたちで世界中を旅しました。「映画」と言いましたが、私にとっては舞台で演じるのも映画で演じるのも変わりはありません。こう言うといつも驚かれるのですが、そうなのです。違いはありません。

 いまここで話している私は、私自身でもなければ、一人の女優でもありません。私は、これまで演劇を存在させ続けてきた多くの人々の一人にすぎません。しかしこれは私たちの義務でもあります。私たちに必要なことなのです。なんといえばいいのか、私たちが演劇を存在させているというよりも、むしろ演劇のおかげで私たちが存在しているのです。演劇はとても強く、戦争、検閲、資金不足などあらゆるものに耐え、生き抜きます。「装置はなにもない舞台で、時代も特定しません」と告げ、男優あるいは女優を一人、そこに登場させるだけでいいのです。彼はなにをするでしょう? 彼女はなにを言うでしょう? 彼らはなにかを語るでしょうか? 観客が待っていて、やがて答えを知ります。観客がいなければ演劇は存在できません。このことは決して忘れないでおきましょう。観衆のうちのただ一人、その一人も観客です。しかし空席はあまり多くない方がいいですね! イヨネスコだけは例外ですが……『椅子』の最後、だれも座っていないたくさんの椅子を前に、老婆は、「ええ、ええ、栄光の絶頂で死にましょう……死んで伝説となるのです……少なくともうちの前の通りに私たちの名前がつくでしょう……」と言うのですから。

 ワールド・シアター・デイは55年目を迎えますが、55年間でメッセージの発信 ――私のこのスピーチが“メッセージ”と言えるかわかりませんが―― が女性に依頼されたのは私で8人目です。私の前任者たちは(男性が圧倒的です!)演劇の想像力や自由さ、その起源について語り、多文化主義や美しさなど答えのない問題を提起してきました……。2013年、ほんの4年前にダリオ・フォはこう言っています。「危機に対する唯一の解決策は、私たちへの、とりわけ舞台芸術を学びたいと欲する若者たちへの大々的な魔女狩りを望むことにある。ディアスポラのような新たな俳優たちが誕生し、新しい表現方法によってこの束縛状態から思いもよらない利益を引き出すかもしれない」。「思いもよらない利益」とは、選挙のパンフレットに出てきそうな言い回しではないですか? 私のいるパリはいま大統領選の直前ですから、私たちを統治したがっている人たちには、演劇がもたらす「思いもよらない利益」についてよく考えてほしいと思います。もちろん魔女狩りはごめんです!

 私にとって演劇とは、他者であり、対話であり、憎悪の不在です。民族宥和についての専門知識はありませんが、観客と俳優による共同体と友情を信じています。演劇によってつながった人々、書く人、訳す人、照明を当てる人、衣裳を作る人、装置を作る人、演じる人、演劇を生み出す人たちと劇場に足を運ぶ人たちの結びつきを信じています。劇場は私たちを保護し、かくまってくれます……。私は、演劇が私たちを愛してくれていると強く信じています……私たちが演劇を愛するように……。一人の年老いた、昔気質の舞台監督のことを思い出します。彼は幕が上がる前に舞台袖で、引き締まった声で毎晩こう言っていたものです。「さあ芝居の出番だ!」これを最後の言葉にしましょう。みなさん、ありがとう。

***

Isabelle Huppert

 フランス国立東洋言語文化研究所(INALCO-Institut National des Langues et Civilisations Orientales)でロシア語を学ぶかたわら、国立演劇芸術高等学校(École Nationale Supérieure des Arts et Techniques du Théâtre)、およびフランス国立演劇学校(Conservatoire National d’Art Dramatique)に通い演技の修養を積む。両校では、ジャン=ローラン・コシェ(Jean-Laurent Cochet)、およびアントワーヌ・ヴィテーズ(Antoine Vitez)に師事した。

銀幕デビューを果たして間もなく注目され、ベルトラン・ブリエ(Bertrand Blier)監督作『バルスーズ(Les Valseuses)』、リリアンヌ・ド・ケルマデック(Liliane de Kermadec)『アロイーズ(Aloïse)』、ベルトラン・タヴェルニエ(Bertrand Tavernier)『判事と殺人者(Le Juge et l’assassin)』などに次々と出演。クロード・ゴレッタ(Claude Goretta)『レースを編む女(La Dentellière)』で見せた演技で英国アカデミー賞(BAFTA-British Academy of Film and Television)「期待のホープ」賞を受賞。そしてクロード・シャブロル(Claude Chabrol)監督と出会い、彼のもとでさまざまなジャンルの作品に挑戦した。喜劇『最後の賭け(Rien ne va plus)』)、ドラマ(『主婦マリーがしたこと(Une affaire de femmes)』)、フィルム・ノワール(『甘い罠(Merci pour le chocolat)』)、文芸映画(『ボヴァリー夫人(Madame Bovary)』)、さらには政治もの(『権力への陶酔(L’Ivresse du pouvoir)』)まで。そしてシャブロル監督作品で数多くの映画賞を受賞した。『ヴィオレット・ノジエール(Violette Nozière)』ではカンヌ国際映画祭女優賞、『主婦マリーがしたこと』でヴェネツィア国際映画祭女優賞、『ボヴァリー夫人』でモスクワ映画祭女優賞。『沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇(La Cérémonie)』ではヴェネツィア映画祭女優賞とセザール映画祭主演女優賞を獲得した。

 ユペールとともに作品を手がけた監督は数多く、ジャン=リュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)、アンドレ・テシネ(André Téchiné)、パトリス・シェロー(Patrice Chéreau)、モーリス・ピアラ(Maurice Pialat)、ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke)、ラウル・ルイス(Raoul [Raúl] Ruiz)、 ブノワ・ジャコー(Benoit Jacquot)、ジャック・ドワイヨン(Jacques Doillon)、 クレール・ドゥニ(Claire Denis)、さらにクリスチャン・ヴァンサン(Christian Vincent)、ローランス・フェレラ・バルボザ(Laurence Ferreira Barbosa)、オリヴィエ・アサイヤス(Olivier Assayas)、フランソワ・オゾン(François Ozon)、アンヌ・フォンテーヌ(Anne Fontaine)、エヴァ・イヨネスコ(Eva Ionesco)、ヨアヒム・ラフォッス(Joachim Lafosse)、セルジュ・ボゾン(Serge Bozon)、カトリーヌ・ブレイヤ(Catherine Breillat)、ギィヨーム・ニクルー(Guillaume Nicloux)、サミュエル・ベンシュトリ(Samuel Benchetrit)らフランス語圏の映画監督のほか、マイケル・チミノ(Michael Cimino)、ジョゼフ・ロージー(Joseph Losey)、オットー・プレミンガー(Otto Preminger)、タヴィアーニ兄弟(les frères Taviani)、マルコ・フェレーリ(Marco Ferreri)、ハル・ハートリー(Hal Hartley)、デヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell)、ヴェルナー・シュレーター(Werner Schroeter)、アンジェイ・ワイダ(Andrzej Wajda)、さらにリティ・パニュ(Rithy Panh)、ブリランテ・メンドーサ(Brillante Mendoza)、ヨアキム・トリアー(Joachim Trier)、ホン・サンス(Hong Sang-Soo)ら、国際的に活躍する監督たちもいる。

 ヴェネツィア国際映画祭は、パトリス・シェロー監督『ガブリエル(Gabrielle)』での演技、およびその女優としてのキャリア全体に対して審査員特別金獅子賞を贈った。
 カンヌ国際映画祭では2度女優賞を獲得しており(2度目はミヒャエル・ハネケ監督『ピアニスト(La Pianiste)』)、第62回同映画祭ではセレモニーの司会および(コンペティション部門の)審査委員長を務めた。

 映画と並行して、フランス国内外で舞台作品にも数多く出演しており、ともに仕事をした演出家にロバート(ボブ)・ウィルソン(Robert [Bob] Wilson、ヴァージニア・ウルフ『オーランドー』、ハイナー・ミュラー『カルテット』)、ペーター・ツァデク(Peter Zadek、ウィリアム・シェイクスピア『尺には尺を』)、クロード・レジ(Claude Régy、サラ・ケイン『4.48サイコシス』、ポール・クローデル『火刑台上のジャンヌ・ダルク』)らがいる。アヴィニョン演劇祭で上演されたジャック・ラサル(Jaques Lassalle)演出による『メディア』(エウリピデス原作)、エリック・ラカスカード(Eric Lacascade)演出『ヘッダ・ガブラー』(ヘンリク・イプセン原作)ではタイトル・ロールを演じた。また、オデオン座のクシシュトフ・ヴァルリコフスキ(Krzysztof Warlikowski)演出・翻案『アン・トラムウェイ(Un Tramway)』(テネシー・ウイリアムズ『欲望という名の電車』に基づく)はヨーロッパおよびワールドツアーを行い、シドニー・シアター・カンパニー(Sydney Theatre Company)製作の『女中たち(The Maids)』(ジャン・ジュネ原作)はベネディクト・アンドリュース(Benedict Andrews)演出でケイト・ブランシェットと共演し、リンカーンセンター・フェスティヴァル参加作品としてニューヨーク・シティセンターで上演した。オデオン座で製作されたリュック・ボンディ(Luc Bondy)演出『偽りの告白(Les Fausses Condidences)』(ピエール・マリヴォー原作)もヨーロッパツアーを行った。今シーズンは、ヴァルリコフスキ演出『フェードル(ズ)(Phèdre(s))』(ワジディ・ムワワド、サラ・ケイン、J・M・クッツェーのテキストによる)の主演を務め、やはりオデオン座での初演ののち、ヨーロッパツアーとワールドツアーを行った。

 最近、出演作の公開が続いている。ミア・ハンセン=ラブ(Mia Hansen Love)監督『未来よ こんにちは(L’avenir)』、パスカル・ボニゼール(Pascal Bonitzer)『すぐに、今(Tout de suite maintenant)』、そして2016年度カンヌ国際映画祭にノミネートされているポール・ヴァーホーヴェン(Paul Verhoeven)『エル(Elle)』、バヴォ・ドフュルヌ(Bavo Devurne)『思い出(Souvenir)』。2017年にはミヒャエル・ハネケ監督との4本目の作品『ハッピー・エンド(Happy End)』とセルジュ・ボゾン監督『マダム・ハイド(Madame Hyde)』が公開予定。また近年はアメリカの映画賞を受賞することも多い。特に『エル』ではゴッサム賞ならびにゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の女優賞を受賞したうえ、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。

 フランス政府レジオン・ドヌール勲章オフィシエ、フランス国家功労勲章オフィシエ、芸術文化勲章コマンドゥール受章。

翻訳:田ノ口誠悟 Translation:Seigo Tanokuchi

 

● 歴代のワールド・シアター・デイ・メッセージ発信者

2017

イザベル・ユペール

俳優

フランス

2016

アナトーリー・ワシーリエフ

演出家、教育者

ロシア

2015

クシシュトフ・ヴァルリコフスキ

演出家

ポーランド

2014

ブレット・ベイリー

劇作家、デザイナー、演出家、インスタレーション・アーティスト

南アフリカ共和国

2013

ダリオ・フォ

劇作家・演出家・俳優

イタリア

2012

ジョン・マルコヴィッチ

俳優

アメリカ

2011

ジェシカ・A・カアゥワ

劇作家・俳優・演出家

ウガンダ

2010

ジュディ・デンチ

俳優

イギリス

2009

アウグスト・ボアール

演出家・作家

ブラジル

2008

ロベール・ルパージュ

演出家・劇作家・俳優

カナダ

2007

シェイク・スルタン・ビン・ムハンマド・アル・カーシミー殿下

シャルジャ首長・歴史家・劇作家

アラブ首長国連邦

2006

ビクトル・ウーゴ・ラスコン・バンダ

劇作家

メキシコ

2005

アリアーヌ・ムヌーシュキン

演出家・太陽劇団創立者

フランス

2004

ファティア・エル・アッサル

劇作家

エジプト

2003

タンクレート・ドルスト

劇作家

ドイツ

2002

ギリシュ・カルナド

劇作家・俳優・映画監督

インド

2001

ヤコボス・カンバネリス

詩人・小説家・劇作家

ギリシャ

2000

ミシェル・トランブレ

劇作家・小説家

カナダ

1999

ヴィグディス・フィンボガドゥティル

アイスランド第4代大統領

アイスランド

1998

ユネスコ創設50周年記念メッセージ

1997

キム・ジョンオク

演出家・劇団自由創立者

韓国

1996

サーダッラー・ワッヌース

劇作家

シリア

1995

ウンベルト・オルシーニ

演出家・劇作家

ベネズエラ

1994

ヴァーツラフ・ハヴェル

劇作家・チェコ共和国初代大統領

チェコ

1993

エドワード・オールビー

劇作家

アメリカ

1992

ジョルジュ・ラヴェリ

演出家

フランス

1992

アルトゥーロ・ウスラール=ピエトリ

小説家・作家・政治家

ベネズエラ

1991

フェデリコ・マヨール

ユネスコ第7代事務局長

スペイン

1990

キリール・ラヴロフ

俳優

ロシア

1989

マーティン・エスリン

演劇批評家

イギリス

1988

ピーター・ブルック

演出家

イギリス

1987

アントニオ・ガラ

詩人・劇作家・小説家

スペイン

1986

ウォーレ・ショインカ

詩人・劇作家

ナイジェリア

1985

アンドレ=ルイ・ペリネッティ

演出家・ITI事務局長

フランス

1984

ミハイル・ツァレフ

俳優・演出家

ロシア

1983

アマドゥ・マハタール・ムボウ

ユネスコ第6代事務局長

セネガル

1982

ラーシュ・アフ・マルムボリ

指揮者

スウェーデン

1981

各国センターからのメッセージ

1980

ヤヌシュ・ヴァルミンスキ

俳優

ポーランド

1979

各国センターからのメッセージ

1978

各国センターからのメッセージ

1977

ラドゥ・ベリガン

俳優

ルーマニア

1976

ウジェーヌ・イヨネスコ

劇作家

フランス

1975

エレン・スチュワート

ラ・ママ実験劇場創立者・プロデューサー

アメリカ

1974

リチャード・バートン

俳優

イギリス

1973

ルキノ・ヴィスコンティ

映画監督

イタリア

1972

モーリス・ベジャール

振付家

フランス

1971

パブロ・ネルーダ

詩人

チリ

1970

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

作曲家

ソビエト連邦

1969

ピーター・ブルック

演出家

イギリス

1968

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス

小説家

グアテマラ

1967

ヘレーネ・ヴァイゲル

俳優・ベルリーナー・アンサンブル創立者

東ドイツ

1966

ルネ・マウ

ユネスコ第5代事務局長

フランス

1965

匿名のメッセージ

1964

ローレンス・オリヴィエ

俳優

イギリス

1964

ジャン=ルイ・バロー

俳優・演出家

フランス

1963

アーサー・ミラー

劇作家

アメリカ

1962

ジャン・コクトー

詩人・小説家・劇作家

フランス