Author Archives: ITI-J

ワールド・シアター・ラボ『ウエストブリッジ』『自殺の解剖』リーディング上演(2/13ー14)

WTL_HP_バナー1025

2021年2月13日と14日、調布市せんがわ劇場にて「ワールド・シアター・ラボ」のリーディング上演を開催いたします。受付開始は1月19日(火)です。 『ウエストブリッジ』2/13(土)11:30 *残席僅か 『自殺の解剖』2/14(日)11:30 *完売となりました(1.19.12:32) 会場:調布市せんがわ劇場 【ワールド・シア... Read More »

クラウドファンディング「世界の演劇舞踊ネットワークを元気にする」へのご支援ありがとうございました

リサイズモーションギャラリー画像13

弊センターでは、令和2年11月2日より令和3年1月8日まで、クラウドファンディング「世界の演劇舞踊ネットワークを元気にする」を実施いたしました。 20名の方々より総額23万円のご支援を頂きました。ご厚志に心より感謝申し上げます。   ご支援いただいた皆様 ※五十音順 小田切ようこ様 糟谷治男様 川合貴之... Read More »

【紛争地域から生まれた演劇】『イサク殺し』作家からのメッセージ

iti_hunsou2016

『イサク殺し』の作家、モティ・レルネルさんからの2つのメッセージです。翻訳は村井華代さんです。 [divider] (1)2020年12月9日 初演に先駆けて 親愛なる観客の皆様 この戯曲『イサク殺し』は、戦争へと突入する人間の衝動や、またそれらの戦争があらゆる戦場で兵士や一般市民に強いてきた耐えがたい苦痛を取り上げた作ですが、... Read More »

【参加者募集】ワールド・シアター・ラボ「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ」(オンライン、1/25〜31)

WTL_HP_バナー1025

ワールド・シアター・ラボ「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ」参加者募集! 海外の現代戯曲を、翻訳という視点から探求する「ワールド・シアター・ラボ」の一環として、「戯曲読解ワークショップ」(オンラインZoom)を開催! 2月にリーディング上演する英国の現代戯曲『ウエストブリッジ』と『自殺の解剖』を取り上げ、それぞれの作品を4回シリーズで掘... Read More »

【『国際演劇年鑑2021』】別役実作品海外公演について情報提供のお願い

2021ロゴ

国際演劇協会日本センターでは、文化庁の委託事業といたしまして『国際演劇年鑑』を企画・編集・発行しております。世界の演劇事情を日本語で、日本の演劇事情を英語で発信する書籍です。 今年度の年鑑には、2020年3月3日に亡くなった別役実氏の特集記事を掲載いたします。掲載にあたり、海外の読者へ別役氏の仕事を伝えるため、編集部では別役作品の海外での上演... Read More »