Slider

確認用 ワールド・シアター・デイ 確認用


●3月27日は《ワールド・シアター・デイ》

1954年夏、ITIは国際的な演劇フェスティバルの先駆けである「シアター・オブ・ネイションズ」(Theatre of Nations=諸国民演劇祭)をパリのサラ・ベルナール劇場(現・パリ市民劇場)で開催し、以降、歌舞伎や京劇、ベルリナー・アンサンブルやモスクワ芸術座など、世界各国の演劇を紹介してきました。

1961年のITI総会で、ITIフィンランド・センターから「世界の舞台人が舞台芸術への思いを共有する日を」という提案があり、翌年のシアター・オブ・ネイションズ初日の1962年3月27日、初めてのメッセージが発信されました。

以来、ITIは3月27日を、世界の国々が舞台芸術を通して平和を願う《ワールド・シアター・デイ》とし、この日の前後に記念イベントを開催しています。

 

ワールド・シアター・デイ・メッセージ

そうしたイベントのひとつに、世界の舞台人に向けた「ワールド・シアター・デイ・メッセージ」の発信があります。1962年のジャン・コクトーをはじめ、アーサー・ミラー、ローレンス・オリヴィエ、ピーター・ブルック、ルキノ・ヴィスコンティ、ウジェーヌ・イヨネスコ、アリアーヌ・ムヌーシュキン、ジュディ・デンチ、ジョン・マルコヴィッチなど各国の舞台人が、この日、メッセージを送ってきました。

 

今年のワールド・シアター・デイ・メッセージ

2015年:クシシュトフ・ヴァルリコフスキ(演出家/ポーランド)

© Bartek Warzecha
© Bartek Warzecha

 真の演劇人は、えてして舞台から遠く離れた場所にいる。彼らが関心を向けるのは、約束事を複製し陳腐な表現を繰り返す機械としての演劇ではない。脈動する水源、活き活きとした潮流を、真の演劇人は探し出す。そうした水は、たいてい既存の世界をなぞることに汲々きゅうきゅうとしている劇場や人々を迂回して流れている。ともすれば私たちは、観客との議論や水面下で渦巻く感情に焦点を当てた、あるいはそうしたものがなくては成り立たないとすら言える世界を創造するかわりに、コピーしてしまう。演劇ほど隠れた情熱を巧みに浮き彫りにするものはないというのに。

 私が導きを求めるのはもっぱら散文だ。気づけば日夜、100年近くも前にヨーロッパの神々の凋落を、いまだ光の射さない暗闇に西洋文明を突き落とした神々の黄昏を控えめに予言した作家たちのことを考えている。フランツ・カフカ、トーマス・マンにマルセル・プルースト。こうした予言者たちの列に、現代ならばJ・M・クッツェー(※)を加えてもいいだろう。

 彼らが共通して描いた、来るべき世界の ――世界といってもこの地球ではなく人間関係のあり方という意味での―― 終焉、秩序の崩壊と動乱は、私たちにとっても痛烈なまでに身近な問題だ。終わりを迎えたあとの世界に、私たちは暮らしている。いたるところにいるメディアにすら追いつけないほど、日々、新たな場所で燃え上がる犯罪と紛争にさらされながら生きている。犯罪と紛争の炎はたちまち飽きられ、新聞やテレビから消えて二度と戻らない。誰もが無力感と恐怖と閉塞感を抱えている。もはや高い塔を築くことはならず、こつこつと積み上げた壁は私たちを守ってはくれない。それどころか、壁自体の防護と手入れに生きるエネルギーを搾り取られる始末だ。私たちはもはや門の向こうを、壁の裏をのぞいてみようとする力をもっていない。だからこそ、演劇は存在するべきなのだ。門の向こうや壁の裏に力を見出し、見ることを禁じられた場所をのぞいてみるべきなのだ。

「伝説は不可解なものを解き明かそうとする。だが真実に根ざしているものは、しょせん不可解なものとして終わらなければならない」プロメテウス神話の変容について、カフカはこう述べた。演劇もそうあるべきだと、私は強く思う。演劇にたずさわるすべての人々、舞台関係者にとっても観客にとっても、演劇とは真実に根ざし、不可解なままに終わるものであってほしいと、私は心の底から願ってやまない。


John Maxwell Coetzee(1940~)
南アフリカ出身の作家・批評家。大学で数学と文学、言語学を学び、1965年にテキサス大学でサミュエル・ベケットの初期作品の言語学的研究で博士号を取得。大学に務めるかたわら小説を執筆し、1983年『マイケル・K』で、1999年『恥辱』で2度のブッカー賞を受賞。2003年には「緻密な構成と含みのある対話、すばらしい分析を特徴とし、周到な懐疑心をもって西欧文明の残酷な合理性と見せかけの道徳性を容赦なく批判した」としてノーベル文学賞を受賞。

翻訳:岩田美保

* * *

Krzysztof Warlikowski

 1962年、ポーランド・シュチェチン(*1)生まれ。ヨーロッパ演劇界における同世代の演出家のなかでは最も重要な存在の一人。舞台美術家のマルゴルザータ・シュチェズニアックとの連携共同創作で類い稀な舞台空間イメージを創り出す。彼の演出プロセスでは、俳優たちは自らの持つ創造性の深層に迫り、その可能性が導き出される。斬新な手法でシェイクスピア劇を舞台に載せ、ギリシャ悲劇の従来の解釈を覆す一方、現代作家の作品の演出でも知られる。特に2002年、アヴィニヨン演劇祭とモントリオールの南北アメリカ大陸演劇祭(現:フェスティバル・トランスアメリーク)で上演されたサラ・ケイン作『洗い清められ(Cleaned)』(*2)の演出は高い評価を得た。この作品がターニングポイントとなって、演出家ヴァルリコフスキはその存在を世界的に知られることとなる。

 2008年、ワルシャワのノヴィ劇場の芸術監督に就任し、2009年『(ア)ポロニア[(A)polonia]』、2010年『終焉(The End)』、2011年『シェイクスピアによるアフリカ物語(African Tales by Shakespeare)』、2013年『ワルシャワのカバレット(Kabaret Warszawski)』など、重層多層の解釈により4作品を次々に制作・演出。現在マルセル・プルースト作『失われた時を求めて』の舞台化に取り組んでいる。ノヴィ劇場でヴァルリコフスキは、観客をディベートに参加させながら社会における演劇の場とその役割について、独自のヴィジョンを創り出し、以来、“Escape the theatre — 演劇から抜け出せ”がヴァルリコフスキの演劇モットーとなっている。

 ヴァルリコフスキの演劇作品は、アヴィニヨン演劇祭、マドリッド秋のフェスティバル、エディンバラ国際演劇祭、ウィーン芸術週間、ニューヨークBAMネクストウェーブ・フェスティバル、アテネ・エピダウロス・フェスティバル、チリのサンティアゴ・ア・ミル国際演劇祭、ポルトのPoNTI国際演劇祭、第21回ソウル・パフォーミング・アーツ・フェスティバル、ベルグラード国際演劇祭(BITEF)演劇祭など、世界の主要なフェスティバルで上演されている。

 ヴァルリコフスキはまた、ブリュッセルの王立モネ劇場、パリ・オペラ座、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場など、ヨーロッパの大劇場でオペラの演出も手がけてきた。オペラを「再演劇化する」その試みによって、革新的なオペラ演出家の一人と捉えられており、『タウリスのイフィゲーニア』『マクロプロス事件』『パルシファル』『影のない女』『メデア』『ルル』等のオペラ作品を演出、最近作は『ドン・ジョバンニ』である。

 受賞は多数あり、フランス演劇評論家協会賞とインターナショナル・シアター・インスティテュート(ITI)のフランス演劇評論家協会ポーランド部門賞の二つは、フランスの演劇評論家たちが選考する特徴的な賞である。前者は2002/2003のシーズンに上演されたヴァルリコフスキ演出のサラ・ケイン作『洗い清められ』でフランスにおける外国語上演作品の中で最優秀と評価された。後者の賞は2008年で、トニー・クシュナー作『エンジェルス・イン・アメリカ』がポーランドの舞台芸術文化を外国に広めた功績により受賞作となった。また2006年に、モスクワで名高いメイエルホリド賞を、2008年4月テサロニケ(ギリシャ)で第10回ヨーロッパ賞の「新しい演劇的リアリティ賞」を、同年5月ニューヨーク・ヴィレッジヴォイスのオビー賞(オフ・ブロードウェイ演劇賞)を受賞。これは第25回BAMネクストウェーブ演劇祭で上演されたハノック・レヴィン作『クルム(Krum)』の演出に対してであった。(*3)また、2011年にロシア国内で上演された優秀外国作品として高い評価を得たノヴィ劇場制作、ヴァルリコフスキ演出『(ア)ポロニア』がゴールデン・マスク賞を受賞。そして2012年5月ペルミ(ポルトガル)では、『シェイクスピアによるアフリカ物語』がディアギレフ賞受賞。この時の審査員長はジェラール・モルティエ(*4)であった。2013年には栄誉あるフランス政府芸術文化勲章“コマンドゥール”を授与されている。

■ 註
1 シュチェチンはドイツとの国境を流れるオーデル河の河口の都市で、北はバルト海に面している。
2 サラ・ケイン作『洗い清められ』は近藤弘幸氏によって邦訳されている。
3 Hanoch Levin(1943〜1999)はイスラエルの著名な劇作家。『クルム』はレヴィン没後、初めてアラブ世界(モロッコ)で上演された作品として有名。
4 Gerard Mortier(1943〜2014)は欧州オペラ界で活躍したベルギー出身の前衛オペラ監督。

翻訳:小田切ようこ

 

● 歴代のワールド・シアター・デイ・メッセージ発信者

2015

クシシュトフ・ヴァルリコフスキ

演出家

ポーランド

2014

ブレット・ベイリー

劇作家、デザイナー、演出家、インスタレーション・アーティスト

南アフリカ共和国

2013

ダリオ・フォ

劇作家・演出家・俳優

イタリア

2012

ジョン・マルコヴィッチ

俳優

アメリカ

2011

ジェシカ・A・カアゥワ

劇作家・俳優・演出家

ウガンダ

2010

ジュディ・デンチ

俳優

イギリス

2009

アウグスト・ボアール

演出家・作家

ブラジル

2008

ロベール・ルパージュ

演出家・劇作家・俳優

カナダ

2007

シェイク・スルタン・ビン・ムハンマド・アル・カーシミー殿下

シャルジャ首長・歴史家・劇作家

アラブ首長国連邦

2006

ビクトル・ウーゴ・ラスコン・バンダ

劇作家

メキシコ

2005

アリアーヌ・ムヌーシュキン

演出家・太陽劇団創立者

フランス

2004

ファティア・エル・アッサル

劇作家

エジプト

2003

タンクレート・ドルスト

劇作家

ドイツ

2002

ギリシュ・カルナド

劇作家・俳優・映画監督

インド

2001

ヤコボス・カンバネリス

詩人・小説家・劇作家

ギリシャ

2000

ミシェル・トランブレ

劇作家・小説家

カナダ

1999

ヴィグディス・フィンボガドゥティル

アイスランド第4代大統領

アイスランド

1998

ユネスコ創設50周年記念メッセージ

1997

キム・ジョンオク

演出家・劇団自由創立者

韓国

1996

サーダッラー・ワッヌース

劇作家

シリア

1995

ウンベルト・オルシーニ

演出家・劇作家

ベネズエラ

1994

ヴァーツラフ・ハヴェル

劇作家・チェコ共和国初代大統領

チェコ

1993

エドワード・オールビー

劇作家

アメリカ

1992

ジョルジュ・ラヴェリ

演出家

フランス

1992

アルトゥーロ・ウスラール=ピエトリ

小説家・作家・政治家

ベネズエラ

1991

フェデリコ・マヨール

ユネスコ第7代事務局長

スペイン

1990

キリール・ラヴロフ

俳優

ロシア

1989

マーティン・エスリン

演劇批評家

イギリス

1988

ピーター・ブルック

演出家

イギリス

1987

アントニオ・ガラ

詩人・劇作家・小説家

スペイン

1986

ウォーレ・ショインカ

詩人・劇作家

ナイジェリア

1985

アンドレ=ルイ・ペリネッティ

演出家・ITI事務局長

フランス

1984

ミハイル・ツァレフ

俳優・演出家

ロシア

1983

アマドゥ・マハタール・ムボウ

ユネスコ第6代事務局長

セネガル

1982

ラーシュ・アフ・マルムボリ

指揮者

スウェーデン

1981

各国センターからのメッセージ

1980

ヤヌシュ・ヴァルミンスキ

俳優

ポーランド

1979

各国センターからのメッセージ

1978

各国センターからのメッセージ

1977

ラドゥ・ベリガン

俳優

ルーマニア

1976

ウジェーヌ・イヨネスコ

劇作家

フランス

1975

エレン・スチュワート

ラ・ママ実験劇場創立者・プロデューサー

アメリカ

1974

リチャード・バートン

俳優

イギリス

1973

ルキノ・ヴィスコンティ

映画監督

イタリア

1972

モーリス・ベジャール

振付家

フランス

1971

パブロ・ネルーダ

詩人

チリ

1970

ドミートリイ・ショスタコーヴィチ

作曲家

ソビエト連邦

1969

ピーター・ブルック

演出家

イギリス

1968

ミゲル・アンヘル・アストゥリアス

小説家

グアテマラ

1967

ヘレーネ・ヴァイゲル

俳優・ベルリーナー・アンサンブル創立者

東ドイツ

1966

ルネ・マウ

ユネスコ第5代事務局長

フランス

1965

匿名のメッセージ

1964

ローレンス・オリヴィエ

俳優

イギリス

1964

ジャン=ルイ・バロー

俳優・演出家

フランス

1963

アーサー・ミラー

劇作家

アメリカ

1962

ジャン・コクトー

詩人・小説家・劇作家

フランス