第3回:ドイツ編――ドラマリーディング


会期:2011年12月16日(金)~20日(火)
会場:イワト劇場/東京ドイツ文化センター

●上演作品
『画の描写』 作=ハイナー・ミュラー/翻訳=谷川道子
『言葉のない世界』 作=デーア・ローアー/翻訳=阿部剛史
演出=小山ゆうな
ドラマトゥルク=三輪玲子
著作権代理=酒井著作権事務所
出演=巖 大介、山下順子(劇団黒テント)

『画の描写』 撮影:奥秋圭

『画の描写』 撮影:奥秋圭

『言葉のない世界』 撮影:奥秋圭

『言葉のない世界』 撮影:奥秋圭

『キック』
作=アンドレス・ファイエル、ゲジーネ・シュミット/翻訳=新野守広
演出=棚瀬美幸(劇団南船北馬)
出演=森尾 舞(劇団俳優座)、橋本浩明(燐光群)
翻訳提供=新国立劇場現代戯曲研究会

『キック』 撮影:奥秋圭

『キック』 撮影:奥秋圭

『光のない。』
作=エルフリーデ・イェリネク/翻訳=林 立騎
演出=長谷川寧(冨士山アネット)
出演=岡田あがさ、菊沢将憲、福島彩子
音楽=辻 凡人(bonobos/Shleeps)
翻訳協力=フェスティバル/トーキョー

『光のない。』 撮影:奥秋圭

『光のない。』 撮影:奥秋圭

『イドメネウス』
作=ローラント・シンメルプフェニヒ/訳=阿部剛史
演出=田中麻衣子(Théâtre du Muibo)
ドラマトゥルク=田尾下哲
音楽=国広和毅(Théâtre du Muibo)
出演=福井貴一、野村修一(zacco)、前田一世(青年座映画放送)、辰巳次郎、大西智子(あなざーわーくす)、太田緑ロランス(Théâtre du Muibo)、李 千鶴(Théâtre du Muibo)、日沼さくら

『イドメネウス』 撮影:奥秋圭

『イドメネウス』 撮影:奥秋圭

『氷の下』 
作=ファルク・リヒター/訳=新野守広、村瀬民子
演出=田中麻衣子(Théâtre du Muibo)
音楽=国広和毅(Théâtre du Muibo)
出演=中嶋しゅう(RUNS FIRST)、前田一世(青年座映画放送)、野口俊丞、谷村実紀(Théâtre du Muibo)

『氷の下』 撮影:奥秋圭

『氷の下』 撮影:奥秋圭

●シンポジウム
ベルリンの壁崩壊後のドイツ演劇とその演出
司会:新野守広
スピーカー:三輪玲子、小山ゆうな、長谷川寧、田中麻衣子
日時:2011年11月20日(日)20:30~
会場:東京ドイツ文化センター

●関連企画ワークショップ
戯曲の復活:現代の戯曲作家とその作品――ローアーとシンメルプフェニヒを中心として

講師:ハンス=ペーター・バイヤーデルファー教授(ミュンヘン大学演劇学研究所)
日時:2011年11月19日(土)15:00~18:00
会場:明治大学リバティタワー1064教室
主催:中央大学
共催:ドイツ演劇研究会

主催:社団法人国際演劇協会(ITI/UNESCO)
協力:東京ドイツ文化センター、劇団黒テント
日独交流150周年記念事業  芸術文化振興基金助成事業

詳細はこちら