最新ニュース


「紛争地域から生まれた演劇11」出演者決定!

Print

「国際演劇年鑑」の特集企画として毎年12月に実施している「紛争地域から生まれた演劇」シリーズ。 11回目を迎える今年は、イギリスとイスラエルの演劇をご紹介します。 予約受付は、11月12日(火)の午前11時開始予定です。 詳細は随時、弊センターHP、SNS(FacebookとTwitter)にてお知らせいたします。 出演者とお申し込み方法を... Read More »

「紛争地域から生まれた演劇11」実施のお知らせ

Print

「国際演劇年鑑」の特集企画として毎年12月に実施している「紛争地域から生まれた演劇」シリーズ。 11回目を迎える今年は、イギリスとイスラエルの演劇をご紹介します。 予約受付は、11月12日(火)の午前11時開始予定です。 詳細は随時、弊センターHP、SNS(FacebookとTwitter)にてお知らせいたします。 [divider] ... Read More »

文化庁の「あいちトリエンナーレ2019」への補助金の不交付決定に対する理事会有志による意見表明

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81%e7%94%a8%e6%96%b0%e3%83%ad%e3%82%b4

公益社団法人国際演劇協会日本センター理事会有志は、 文化庁の「あいちトリエンナーレ2019」への補助金の不交付決定に対する意見表明文を、 本日、文部科学大臣と文化庁長官宛に提出いたしました。 [divider] 文化庁の「あいちトリエンナーレ2019」への補助金の不交付決定に対する意見表明 私たち国際演劇協会(ITI/UNES... Read More »

【会員近況】吉原豊司さんより 翻訳作品 上演のご案内 

会員近況1

10月17日より吉原豊司さんが翻訳なさった3作品が上演されます。 劇団文化座『地にありて静かに』(10/17-27、シアターX(カイ))そして名取事務所による2本立て『屠殺人ブッチャー』と『となりの家』(10/17-29、「劇」小劇場)です。どうぞお楽しみに。 [divider] 北米大陸には、合衆国東部からカナダ・オンタリオ州にかけ... Read More »

【会員近況】吉岩正晴さんより演出家・ニコラス・バーター氏の近況について

会員近況1

吉岩正晴さんの旧友であり、レクチャーシリーズ「世界の演劇教育を知る」(2014年)でも講師をお願いした演出家のニコラス・バーター氏。吉岩さんより、バーター氏が日本で『プルガトリオ―あなたと私のいる部屋―』を手がけるとのお知らせをいただきました。 [divider] 世田谷パブリックシアター(SPT)と国際演劇協会日本センター(ITI)がタッ... Read More »

【会員近況】吉原豊司さんより翻訳作品上演のお知らせ

会員近況1

吉原豊司さん翻訳によるカナダの戯曲が今秋、4本上演されます。劇団俳小『リタ・ジョーのよろこび』(9/21-29、日暮里d-倉庫)、劇団文化座『地にありて静かに』(10/17-27、シアターX(カイ))そして名取事務所による2本立て『屠殺人ブッチャー』と『となりの家』(10/17-29、「劇」小劇場)です。どうぞおたのしみに。今回は今週末に初日を迎え... Read More »