紛争地域から生まれた演劇 シリーズ10


iti_hunsou2016iti_hunsou2016

2018年12月13日(木) 〜 16日(日)
東京芸術劇場アトリエウエスト(地下1階)

【紛争地域から生まれた演劇シリーズ】
世界各地のITIセンターでは、演劇を通じて平和の構築を目指す取り組みとして「Theatre in Conflict Zones」と題するプロジェクトが行われています。日本センターでは文化庁の委託事業として毎年発行している『国際演劇年鑑』の調査・研究事業の一環で、2009年から「紛争地域から生まれた演劇」シリーズをはじめました。
本シリーズではこれまで9年にわたり、日本にまだ知られていない優れた戯曲を23本、翻訳、リーディング上演、作者等によるレクチャー等を通して紹介してまいりました。3年目からは戯曲集の発行も行っています。
今年は、イスラエル/ドイツ出身で現在ベルリンに活動の拠点を置くヤエル・ロネン氏の戯曲『コモン・グラウンド』と、カナダ出身のハナ・モスコビッチ氏の戯曲『これが戦争だ』の2作品をご紹介します。

* * *

『コモン・グラウンド』Common Ground

【上演日時】12月13日(木) 19時30分開演 / 16日(日) 14時開演

作:ヤエル・ロネン (イスラエル/ドイツ)&アンサンブル(Yael Ronen & Ensemble)
訳:庭山由佳
演出:小山ゆうな(雷ストレンジャーズ)
出演:霜山多加志(雷ストレンジャーズ)、小林あや、蔵下穂波、松村良太(雷ストレンジャーズ)、野々山貴之(俳優座)、きっかわ佳代(テアトル・エコー)、マイ
音響:尾崎弘征 
映像:神之門隆広

【作品について】
舞台はボスニア・ヘルツェゴビナ。ヤエル・ロネン(1976-)が、ベルリン在住の旧ユーゴ、ドイツ、イスラエル出身の出演者とともに加害者・被害者の共有地(コモン・グラウンド)を皮肉と笑いで描く。2014年、ベルリンのマキシム・ゴーリキー劇場で製作され、2015年にはベルリン演劇祭(テアタートレッフェン)に招待され、ミュルハイム演劇祭で観客賞を受賞した。

【作家について】
ヤエル・ロネン Yael Ronen

©Esra Rotthoff

©Esra Rotthoff

1976年エルサレムで演劇一家に生まれる。現在はベルリンとテルアビブを拠点に、ドイツ語圏で活躍している。ベルリン・マキシム・ゴーリキー劇場の座付劇作家・演出家。世界の紛争を題材に、多様なバックグラウンドを持つ俳優とともにリサーチやワークショップを重ねた、ブラックユーモア豊かな作風に定評があり、代表作に『第三世代』『コモン・グラウンド』『シチュエーション』など。『Lost and Found』でネストロイ賞(最優秀戯曲)、マキシム・ゴーリキー劇場の「亡命アンサンブル」とともに制作した『冬の旅』でEU主催のヨーロッパ演劇賞New Theatrical Realities部門受賞。その他、ITI(国際演劇協会)賞など受賞多数。『ロマ・アーミー』ではファウスト賞2018(演劇演出部門)にノミネートされた。

* * *

『これが戦争だ』This Is War

【上演日時】12月14日(金) 19時30分開演 / 15日(土) 14時開演

作:ハナ・モスコビッチ (Hannah Moscovitch、カナダ)
訳:吉原豊司
演出:生田みゆき(文学座)
出演:亀田佳明(文学座)、手打隆盛(さいたまネクスト・シアター)、堀源起(さいたまネクスト・シアター)、𠮷野実紗(文学座)

【作品について】
アフガニスタン戦争は、従軍したカナダ軍兵士たちの心身に凄まじいダメージを与えた。新聞取材に答える兵士たちの証言は、「薮の中」のように食い違い、容易にイメージを結ばない。戦争の非道性を告発するとともに観客の想像力をあからさまに挑発するハナ・モスコビッチ(1979-)の衝撃作。トロント演劇評論家賞2013最優秀戯曲賞、トリリアム・ブックアウォード2014受賞。

【作家について】
ハナ・モスコビッチ Hannah Moscovitch

Hannah Moscovitch

カナダで最も将来を嘱目されている劇作家。1979年オタワに生まれ、国立演劇学校、トロント大学を卒業。現在、タラゴン・シアター(トロント)所属。
代表作に、元ナチ高官を父に持つ若者とアウシュヴィッツ生き残り組を母に持つユダヤ人女性との行き場のない恋を活写した『ベルリンの東』(East of Berlin, 2007)など。「時間」という観念をそれぞれ物理学者、音楽家、数学者である親子三人の関係性から考察する『無限』(Infinity, 2015)でDora Mavor Moore Award for Outstanding New Play、年とともに変わる女性のセクシュアリティーをテーマにした『バニー』(Bunny, 2016)でBest New Canadian Play 2018、2017年には『Old Stock:A REFUGEE LOVE STORY』でエディンバラ・フリンジ・フェスティバルに参加し、The Scotsman Fringe First AwardとThe Herald Angel Awardを受賞。その他受賞多数。

* * *

【期間】2018年12月13日(木) 〜 16日(日)
【会場】東京芸術劇場 アトリエウエスト(地下1階)

●アクセス
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-8-1
JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。
駅地下通路2b出口と直結しています。
geigeki_MAP

●料金
1500円(学生1000円)
当日精算/全席自由/受付開始・開場:開演30分前
予約受付開始:2018年11月12日(月)11時

●ご予約・お問合せ

全日程とも満席となりました。
たくさんのご予約ありがとうございました。
当日券販売の予定はありません。どうぞご了承ください。

E-mail:ititicket@gmail.com
Tel:03-3478-2189(国際演劇協会日本センター/土日・祝日を除く11時〜17時)
Web予約:CoRich! 舞台芸術

*お申し込みの際は氏名(フリガナ)・日時・枚数・連絡先を明記ください。
*会員の方、学生の方は、その旨お書き添えください。
*会期中は090-7255-0814までお問合せください。

 

* * *

文化庁委託事業「平成30年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
主催:文化庁 公益社団法人 国際演劇協会日本センター
共催:東京芸術劇場(公益財団法人 東京都歴史文化財団)
企画制作:公益社団法人 国際演劇協会日本センター

総合プロデューサー:林英樹
票券・制作補佐: Real Heaven
舞台監督:中井尋央
音響:斉木和洋
チラシデザイン:奥秋圭

協力:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター/一般社団法人日本演出者協会/一般社団法人日本劇作家協会
ゲーテ・インスティトゥート(東京ドイツ文化センター)

文化庁シンボルマーク70th Anniversary Logo-Color Reverse-EN

* * *

● 紛争地域から生まれた演劇シリーズ アーカイブ

紛争地域から生まれた演劇シリーズ9(2017年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ8(2016年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ7(2015年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ6(2014年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ5(2013年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ4(2012年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ3(2011年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ2(2010年)
紛争地域から生まれた演劇シリーズ1(2009年)