【ワールド・シアター・レポート File 7】11/8 鶴留聡子さんによるインド演劇レポート


弊センターでは1972年から、1年間の国内外の舞台芸術状況をまとめた『国際演劇年鑑』(日英)を企画・編集・刊行しています。日本語版の「世界の舞台芸術を知る-Theatre Abroad」には日本国内と世界の様々な国々・地域の舞台芸術について、専門家に原稿を寄せていただいています。限りある誌面に収まりきらなかったお話など、もっとお届けしたい!という想いから『国際演劇年鑑』の執筆者の方によるレクチャーを行います。11月には2013年より断続的にインド演劇をレポートしてくださっている鶴留聡子さんにお話を伺います。

*「国際演劇年鑑」(2014〜2020)はWEB上でもお読みいただけます。
最新号「国際演劇年鑑2020」はこちらです。
鶴留聡子さんによる最近のインド演劇レポートは「国際演劇年鑑2019」の39~45頁をご覧ください。

「国際演劇年鑑」ワールド・シアター・レポート#File 7「インド」
インド社会と舞台芸術
講師  鶴留聡子(舞台制作者/インド・ケーララ州在住)
日時 11月8日(日)19時~20時
参加費 無料
申込み方法
こちらからZoomウェビナーに登録の上、ご参加ください。登録は開始直前まで可能ですが、最大参加人数が100人(先着順)となっておりますので、お早めのお申し込みをお願いします。

《アーカイブ配信のお知らせ》
2020年11月25日(水)の17時まで、アーカイブをこちらでご覧いただけます。
参考資料はこちらからダウンロードいただけます。ぜひご利用ください。

◇講師について◇
鶴留聡子(つるどめ・さとこ)

鶴留さんtate
東京生まれ。東京外国語大学外国語学部南・西アジア課程ヒンディー語学科卒業。国際交流基金ニューデリー事務所の海外運営専門員を経て、2007年にインド人演出家シャンカル ・ヴェンカテーシュワランと劇団Theatre Roots & Wingsを立ち上げる。現在、南インド・ケーララ州を拠点に舞台芸術制作者として活動する。

【お問合せ】
国際演劇協会日本センター事務局
Mail : mail@iti-j.org
TEL : 03-3478-2189 (平日11時〜17時)

文化庁委託事業「令和2年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
「国際演劇年鑑2021」関連企画
主催 文化庁、国際演劇協会日本センター
制作 国際演劇協会日本センター
【配信用】シンボルマーク デザインマニュアル(201810)ITIロゴ