【3/27 ワールド・シアター・デイ】カルロス・セルドラン氏(キューバ)のメッセージ


327日はワールド・シアター・デイ
1954
年夏、ITIは国際的な演劇フェスティバルの先駆けである「シアター・オブ・ネイションズ」(Theatre of Nations=諸国民演劇祭)をパリのサラ・ベルナール劇場(現・パリ市民劇場)で開催し、以降、歌舞伎や京劇、ベルリナー・アンサンブルやモスクワ芸術座など、世界各国の演劇を紹介してきました。
1961
年のITI総会で、ITIフィンランド・センターから「世界の舞台人が舞台芸術への思いを共有する日を」という提案があり、翌年のシアター・オブ・ネイションズ初日の1962327日、初めてのメッセージが発信されました。
以来、ITI327日を、世界の国々が舞台芸術を通して平和を願う《ワールド・シアター・デイ》とし、この日の前後に記念イベントを開催しています。

ワールド・シアター・デイ・メッセージ
そうしたイベントのひとつに、世界の舞台人に向けた「ワールド・シアター・デイ・メッセージ」の発信があります。1962年のジャン・コクトーをはじめ、アーサー・ミラー、ローレンス・オリヴィエ、ピーター・ブルック、ルキノ・ヴィスコンティ、ウジェーヌ・イヨネスコ、アリアーヌ・ムヌーシュキン、ジュディ・デンチ、ジョン・マルコヴィッチなど各国の舞台人が、この日、メッセージを送ってきました。世界のITIはメッセージをさまざまな言語に翻訳して発表しています。

今年のメッセージ・オーサー
今年のメッセージ・オーサーはカルロス・セルドラン氏(キューバの演出家・演出家、劇作家、演劇教育者)です。翻訳を吉川恵美子さんと藤浪京さんにお願いしました。ぜひこちらでお読みください。