Slider

『朝のライラック』で渡辺真帆さん第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞


紛争地域から生まれた演劇9」でご紹介し、さいたまネクスト・シアター「世界最前線の演劇3」で上演されたガンナーム・ガンナーム作『朝のライラック』。その翻訳者で、ITI会員でもある渡辺真帆さんが第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞されました。おめでとうございます。

第12回小田島雄志・翻訳戯曲賞公式サイト
https://sites.google.com/view/odashimaaward/

Check Also

【国際演劇年鑑】平成30年間の国際交流を振り返る座談会ロング・バージョン掲載のおしらせ

『国際演劇年鑑2020』(20 …