Slider

クラウドファンディング「世界の演劇舞踊ネットワークを元気にする」終了のお知らせと御礼


ITI日本センターでは、2020年11月2日から2021年1月8日まで、初めての試みとして、「世界の演劇舞踊ネットワークを元気にする」と題するクラウドファンディングを行いました。目標の金額(88万円)には届きませんでしたが、21名の方々から24万円のご厚志が寄せられました。皆様からのご支援に厚く御礼申し上げます。
2020年は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)により、日本だけではなく世界中で多くの舞台が上演中止となりました。現在も世界各国で感染拡大は止まず、事態収束の見通しは立っていません。日本でも2度目の緊急事態宣言が発出される事態となり、再び多くの舞台が上演中止となるなどの大きな影響が出ています。100年に一度とも言われるこのような危機の時代を乗り切るために、厳しい経済環境の中でも舞台芸術などに携わる個人団体が何とかして生き延びる手立てを模索しなくてはなりませんし、世界的な危機状況の中では通常よりもより一層、他のITIセンターとの情報共有や連携の強化がなされなければなりません。弊センターは、世界の舞台芸術ネットワークと繋がり、互いに支え支えられることで、少しでも世界中の舞台芸術を愛する人たちの力になりたいと望んでいます。今後とも、ご支援やご協力を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

2021年1月25日

国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター
会長 永井多恵子

Check Also

保護中: (近日公開)「紛争地域から生まれた演劇13」12月〜1月開催!

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。