shochiku
saf
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」Aプログラム 参加メンバー 紹介_その1


「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」

オーガスタ・レディ・グレゴリー作品『出られないふたり』と 『月が昇れば』の2作品 を上演する、Aプログラムの参加メンバー -その1- 翻訳、演出、音楽を担当のみなさんをご紹介いたします!

翻訳(『出られないふたり』) 石井 あつこ
シアター翻訳家
三輪えり花氏によるシアター翻訳講座を修了
修了作品『ドロシーとオズの魔法使い』 以後、国際演劇協会日本センター(ITIジャパン)英語圏部会よりオンライン朗読劇『賢者の贈り物』がクリスマス公演として発表されている。本作品は3作目となる。

 

 

 

 

翻訳(『月が昇れば』) 斎藤 健志
英米文学翻訳家。
これまでの翻訳作品 ジョン・モーティマー『ペンジ・バンガロー殺人事件』『正義の天秤』『エドウィン』、P.Gウッドハウス『ゴルフ・ナイン ・ストーリーズ』、ピランデッロ『ゲームのルール』など。

 

 

 

 

 

演出 三輪えり花
演出家・俳優・翻訳家。
ロンドン大学演劇修士。国費で英国王立演劇学校へ長期研修。東京藝術大学や新国立劇場で講師歴任。公益社団法人国際演劇協会(ユネスコ傘下)日本センター理事。
演出作品は主要紙にて多くの好評を得、紀伊国屋演劇賞等を出演者やスタッフが受賞。 シェイクスピア紹介活動はNHKラジオ深夜便にもたびたび取り上げられ、また、演技力は海外の演出家からも高く評価されている。 著書:『シェイクスピアの演技術』『英国の演技術』(玉川大学出版) 翻訳:モリソン著『クラシカル・アクティング』、ジョンストン著『インプロ』(而立書房)

 

音楽 池辺晋一郎

©武藤章

1943年水戸市生まれ。67年東京藝術大学卒業。71年同大学大学院修了。池内友次郎、矢代秋雄、三善晃、島岡譲の各氏に師事。
66年日本音楽コンクール第1位。同年音楽之友社室内楽曲作曲コンクール第1位。68年音楽之友社賞。以後ザルツブルクTVオペラ祭優秀賞、イタリア放送協会賞(3回)、国際エミー賞、芸術祭優秀賞(4回)、尾高賞(3回)、毎日映画コンクール音楽賞(3回)、日本アカデミー賞優秀音楽賞(9回、うち3回最優秀賞)、横浜文化賞、姫路市芸術文化大賞などを受賞。97年NHK交響楽団・有馬賞、2002年放送文化賞、04年紫綬褒章、16年第24回渡邉暁雄音楽基金特別賞。18年文化功労者。22年旭日中綬章。
現在東京音楽大学名誉教授、東京オペラシティ・ミュージックディレクター、石川県立音楽堂・洋楽監督、せたがや文化財団音楽事業部音楽監督。ほか多くの文化団体の企画運営委員、顧問、評議員、音楽コンクール選考委員などを務める。

アイリッシュフィドル 酒井絵美

©Ayane Shindo

東京藝術大学ケルト音楽研究部でのアイリッシュ・フィドルとの出会いをきっかけに、レバノンでアラブ・ヴァイオリンを、ノルウェーで伝統楽器ハーディングフェーレを学ぶなど、民族音楽の世界を旅し、研究し、執筆するヴァイオリニスト。
主な出演は、NHK、NRK(ノルウェー国営放送)、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなど。東京藝術大学音楽学部楽理科卒、同大学院音楽研究科音楽文化学専攻(音楽民族学)修了。

 

 

■特設HPはこちらから

会場:劇的スペース・オメガ東京(東京都杉並区上荻2-4-12)
公演期間:2022年12月21日(水)~25日(日)(8公演)

【チケット】 全席自由席 2022年11月1日(火)AM10:00 発売開始
■ 劇場チケットお申し込みカルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/iti
■ 配信チケットお申し込みステージチャンネル
https://www.stage-channel.com/ticket-ireland

・劇場一般 前売:4,500円 当日:5,000円
・劇場ユース(24歳以下)前売:3,000円 当日:3,500円

・ペアセット券 8,000円(前売りのみ受付)
・2ステージセット券 8,000円(メールのみ受付)

・配信チケット 3,000円
*お申し込みは12月30日21時まで
*12月23日のライブ配信後、12月30日23時59分まで1週間ご覧いただけます。

【お問合せ】公演事務局
070-8347-6515(Kazan office.担当:市川)
mail@kazan-office.com
受付 10:00-17:00 火曜定休

みなさまのご来場、ご観覧を心よりお待ちしております。

Check Also

【クラウドファンディング「国際演劇協会(ITI)日本センター(1951年創設)初期資料の復刻プロジェクト」がスタートしました。】

2023年は、ITI日本センタ …