shochiku
saf
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」Aプログラム 参加メンバー紹介 -その2


「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」

オーガスタ・レディ・グレゴリー作品『出られないふたり』と 『月が昇れば』の2作品 を上演する、Aプログラムの参加メンバー -その2- 出演者のご紹介です。

藤田 三保子
文学座出身 女優・画家・シャンソン歌手
’74 NHKテレビ小説「鳩子の海」鳩子役。
’75 TBS「Gメン75」初代女刑事役。NHK銀河テレビ小説、テレビ朝日土曜ワイドショー等多数出演。
’89舞台「らんちょう」(築地ブディストホール)
’92フジテレビ「凪の光景」
’95舞踊「藤娘」(国立劇場)
’96舞台「スカーレット」(帝国劇場)
’99より毎年銀座「ギャラリーGK」個展。
’07独り舞台「クレアシオン」(銀座博品館)
’07 France Paris シャトードラレイchansonディナーショー
’17「ミュージカル 赤毛のアン」(東京国際フオーラムC)レイチェル役
’18・’19・’21 NHK ラジオR2「朗読」有吉佐和子作「紀の川」等
俳句姓号山頭女
よみうりカルチャー朗読講師

須田 真魚
1974年栃木県生まれ
劇団俳優座にてキャリアをスタートする。
退団後は団体やジャンルを超え、俳優のみならず、劇作、演出、美術、教育にも活動の幅を広げる。
演劇の社会還元をテーマに活動を続け、国内外の作品に参加する。
主な出演作品に「十二夜」(俳優座)「小さき神のつくりし子ら」(俳優座劇場)「近代能楽集-三島の女たち」(日欧舞台芸術交流会)「かもめ」「三人姉妹」(第七劇場)などがある。
趣味はバイオリン演奏。

 

 

菊沢 将憲
俳優・劇作家・演出家・ミュージシャン・映画監督。
俳優として野田秀樹・小野寺修二・ノゾエ征爾・黒田育世・矢内原美邦・康本雅子の舞台に出演。2003年に主演映画「815」 がバンクーバー国際映画祭にて審査員特別賞受賞。
2016年、アヴィニョン演劇祭で初演されたアンジェリカ・リデルの舞台「¿ Qué haré yo con esta espada ?」に出演、映画監督作「おーい、大石」がぴあフィルムフェスティバルに入選した。

 

 

 

田中 正彦
T-PROJECT 主宰
1977年劇団昴入団
シェークスピア作品を中心に40作品に出演
2011年自らプロデュースするT-PROJECTを立ち上げ13公演上演
2014年プロデュースした『マレーネ』で紀伊國屋演劇賞受賞(旺なつき) 演出・三輪えり花
2014年劇団昴退団
舞台活動の他、声優としてアニメ、外画で活躍『進撃の巨人』『シャーマンキング』『ミッション・インポッシブル』他多数

 

 

大山 大輔
東京藝術大学首席卒業。同大学院修了。
“井上道義×野田秀樹”《フィガロの結婚》、手塚治虫原作・宮川彬良作曲 歌劇《ブラック・ジャック》、劇団四季ミュージカル《オペラ座の怪人》他、多くの舞台で活躍。
その多彩な経験から台本執筆や歌唱・演技指導にも定評がある。
2023年ハノイにて初演される日越国交50周年記念オペラ《アニオー姫》では台本・演出を務める。
洗足学園音楽大学講師。カクシンハン・スタジオ(演劇研修所)講師。

 

 

 

■特設HPはこちらから

会場:劇的スペース・オメガ東京(東京都杉並区上荻2-4-12)
公演期間:2022年12月21日(水)~25日(日)(8公演)

【チケット】 全席自由席 2022年11月1日(火)AM10:00 発売開始
■ 劇場チケットお申し込みカルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/iti
■ 配信チケットお申し込みステージチャンネル
https://www.stage-channel.com/ticket-ireland

・劇場一般 前売:4,500円 当日:5,000円
・劇場ユース(24歳以下)前売:3,000円 当日:3,500円

・ペアセット券 8,000円(前売りのみ受付)
・2ステージセット券 8,000円(メールのみ受付)

・配信チケット 3,000円
*お申し込みは12月30日21時まで
*12月23日のライブ配信後、12月30日23時59分まで1週間ご覧いただけます。

【お問合せ】公演事務局
070-8347-6515(Kazan office.担当:市川)
mail@kazan-office.com
受付 10:00-17:00 火曜定休

みなさまのご来場、ご観覧を心よりお待ちしております。

Check Also

【クラウドファンディング「国際演劇協会(ITI)日本センター(1951年創設)初期資料の復刻プロジェクト」がスタートしました。】

2023年は、ITI日本センタ …