shochiku
saf
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」Bプログラム 参加メンバー紹介


「アイルランド発✈対立と融和をめぐるモノガタリ」

Bプログラム『橋の上のワルツ』の参加メンバーをご紹介いたします。

翻訳 石川 麻衣
米国生まれ。神戸大学卒業後、UPSアカデミーで演技を学ぶ。
タップダンサー、銀座クラブのシンガー、俳優、NHK Worldレポーター、ナレーター、通訳を経て翻訳業を開始し、報道翻訳から英語字幕まで幅広く手掛ける。
パフォーマーとしては、アヴィニョン演劇祭やKYOTO EXPERIMENT 等に出演。
主な翻訳作品は、イヴ・エンスラー作『Necessary Targets-ボスニアに咲く花―』、デビッド・アイルランド作『サイプラス・アヴェニュー』等。2022年12月には、ダブリンに拠点を置く劇団The Corn Exchangeとベテラン女優を集めた東京の演劇集団Ova9のコラボレーション企画『ダブリンの演劇人』(マイケル・ウェスト作)を上演。
アイルランドの老舗劇団PAN PANからメンターシップの奨学金を受け、自身の作品を執筆中。
現在アイルランド、ダブリン在住。

 

演出 青柳 敦子
国立音楽大学卒業。
在学中よりオペラ演出家/三谷礼二に師事。その後、デボラ・ディスノー(米/映画監督・演出家)に師事し、アメリカ最先端の演技・演出法を獲得。
テアトル・エコー所属
プロデュース・ユニット
ぐるっぽ・ちょいす主宰
INTENTION WORKSHOP講師
主な作品
■ モーリス・パニッチ作『ご臨終』 演出
■ 宮沢賢治へのオマージュ 『か・え・る/KA-E-RU』 作・演出(Festival de Teatro Alternativo(コロンビア)招聘作品)
■ ジョージF・ウォーカー作 『エスケープ フロム ハピネス』 共同翻訳・演出 (日本初演)


【 出 演 】
田中 英樹

劇団テアトル・エコー所属
舞台の他、吹き替え、映画、ドラマ、朗読、パペット操演など多方面で活躍中。
【舞台】 ・雨(こまつ座) ・太陽の棘(文化座) ・エコー作品多数出演
【テレビドラマ】 ・ラーメン大好き小泉さん(ジロリアン荻窪 )他、
【声優】 ・ミッキーマウス(巨人) ・モンスターズ・ユニバーシティ(チェット) ・セサミストリート(クリス、テリー、他) ・マッドマックス怒りのデス・ロード(リクタス) 他

 

 

 

 

一谷 真由美
演劇集団円の俳優。
早稲田大学理工学部卒。
文化庁在外研修員としてHBスタジオ(NY)とRADA(ロンドン)で学ぶ。
RADAではノナ・シェパード演出でシェークスピア「ペリクリーズ」を原語で上演。
主な出演作品は「県人会寮榎壮物語」「桜の園」「三文オペラ」「パウル氏」「遠い日々の人」「からさわぎ」「シラノ・ド・ベルジュラック」。
外部出演に、野田地図「ローリングストーン」、かもねぎショット「窓」、OVA9「NYOTAIMORI」、「椿姫」「花粉熱」「アイスランド」など。

 

 

 

金子 貴伸
千葉県出身。ベルジネ・タレント・エージェンシー所属。学生時代は野球部に所属。奈良橋陽子、ヘディ・ソンタグに師事。英語力を評価され海外ドラマ作品の出演や、2017に出演した舞台「かもめ」が、ベオグラード国際演劇祭(セルビア)と国際マルチメディアフェスティバル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、クロアチアの国際演劇祭へ正式招聘され、東欧3カ国5都市ツアーを果たす。演出家としても活動し、「二十日鼠と人間」(作:ジョン・スタインベック)「ともだちが来た」(作:鈴江俊郎)の演出や「ゴドーを待ちながら」(作:サミュエル・ベケット)の主催・企画・出演を務めた。

 

 

 

■特設HPはこちらから

会場:劇的スペース・オメガ東京(東京都杉並区上荻2-4-12)
公演期間:2022年12月21日(水)~25日(日)(8公演)

【チケット】 全席自由席 2022年11月1日(火)AM10:00 発売開始
■ 劇場チケットお申し込みカルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/iti
■ 配信チケットお申し込みステージチャンネル
https://www.stage-channel.com/ticket-ireland

・劇場一般 前売:4,500円 当日:5,000円
・劇場ユース(24歳以下)前売:3,000円 当日:3,500円

・ペアセット券 8,000円(前売りのみ受付)
・2ステージセット券 8,000円(メールのみ受付)

・配信チケット 3,000円
*お申し込みは12月30日21時まで
*12月23日のライブ配信後、12月30日23時59分まで1週間ご覧いただけます。

【お問合せ】公演事務局
070-8347-6515(Kazan office.担当:市川)
mail@kazan-office.com
受付 10:00-17:00 火曜定休

みなさまのご来場、ご観覧を心よりお待ちしております。

Check Also

【クラウドファンディング「国際演劇協会(ITI)日本センター(1951年創設)初期資料の復刻プロジェクト」がスタートしました。】

2023年は、ITI日本センタ …