shochiku
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

【会員近況】中山夏織さんより 劇場と舞台芸術の<ケア>する力 シンポジウム&ワークショップのご案内


会員の中山夏織さんよりご案内が届きましたので、ご紹介します。
なお、国際演劇協会日本センターはこちらの催しの後援をしております。

* * * * * * *

劇場やアートセンター、芸術創造団体、そこに働くアーティストやスタッフのもつポテンシャルを組織の資源としてとらえ、「コミュニテイ」の多岐にわたるニーズに、いかに活用できるかを問い、それを可能にする組織のあり方、プログラムの組み方を、英国の地域劇場のリーダーとともに学んでいきます。
リーズ・プレイハウスは、高齢者を対象とした「ヘイデイズ」や青少年のためのユースシアター、障がいをもつ青少年たちの活動等、その多彩なコミュニティプログラムのみならず、難民支援、認知症高齢者をテーマとしたフェスティバルの開催、劇場として初めて「リラックスパフォーマンス」という名称の使用、障害をもつプロ俳優のアンサンブルカンパニーへの雇用等、多岐にわたる果敢なチャレンジを展開してきました。劇場に溢れるのは、まさに芸術を駆使したクリエイテイブな「ケア」の精神です。
このシンポジウム&ワークショップでは、英国の地域劇場の雄リーズ・プレイハウスの事例を紹介するとともに、日本全国の公立文化施設等で繰り広げられる模索、知的障がい&重度重複障がいといった声を上げられない人々の声を拾いながら、舞台芸術がいかに「ケア」という視点を構築しているのかを探っていきます。

1. シンポジウム
「劇場と舞台芸術の〈ケア〉する力」
日時:2024年8月3日(土)15:00-18:30
会場:シャロームみなみ風地域交流スペース(新宿区弁天町 32-6)
▼基調講演
「ケアと 21世紀英国演劇」
ジェームス・ブライニング
(演出家/リーズ・プレイハウス芸術監督&チーフエグゼクティブ)
▼パネルディスカッション「劇場が変えていく未来」
パネリスト:
ジェームス・ブライニング
草加叔也(空間創造研究所)
廣川美也子(シャロームみなみ風施設長)
進行:
中山夏織(シアタープランニングネットワーク)
▼定員50名
▼参加費 1,000円(逐語通訳付き)

2. アートマネジメントワークショップ
「劇場のポテンシャルを広げるポリシーと組織づくり」
日時:2024年8月4日(日)10:00-17:00(昼休憩含む)
会場:シャロームみなみ風地域交流スペース(新宿区弁天町 32-6)
講師:ジェームス・ブライニング
アシスタント:中山夏織
▼定員16名
▼参加費 3,000円(逐語通訳付き)

[お問合せ・お申込み] メールにて事前にお申込み下さい。
お申込みの際に、参加プログラム、お名前、ご住所、電話番号、ご職業、ご所属、職歴・芸歴(年数)をお知らせください(学生の方は職歴・芸歴は不要です)。
参加費の支払い方法等、ご案内申し上げます。
tpn1@msb.biglobe.ne.jp

プロジェクトホームページ https://htpclearinginwood.wixsite.com/theatre-and-care

主催   特定非営利活動法人シアタープランニングネットワーク
助成   文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業(芸術家等人材育成))
独立行政法人日本芸術文化振興会
後援   公益社団法人国際演劇協会(ITI Japanese Centre)
広報協力 特定非営利活動法人舞台芸術制作者ネットワーク(ON-PAM)

Check Also

としまアート夏まつり 2024

会員のNPO法人アートネットワ …