Slider

10/2 東京演劇大学連盟によるレクチャー「演劇教育のスタンダードを日本でどうつくるか」


好評をいただいておりますSPT×ITIレクチャーシリーズ、10月2日は「演劇教育のスタンダードを日本でどうつくるか」と題して東京演劇大学連盟(演大連)加盟の5大学より6人の先生方をお迎えしてお話を伺います。

毎年共同製作公演を実施しながら、演劇教育委のスタンダード構築を模索する5大学(桜美林大学、玉川大学、多摩美術大学、桐朋学園芸術短期大学、日本大学)。所属大学の担当教員が連盟の活動を紹介し、その意義と課題を考えます。

☆講師(敬称略)
安宅りさ子(桐朋学園芸術短期大学教授)、加納豊美(多摩美術大学教授)、木佐貫邦子(桜美林大学教授)、太宰久夫(玉川大学教授)、福島勝則(多摩美術大学名誉教授)、藤崎周平(日本大学教授)

☆日時 10月2日(金)19時~21時
☆会場 世田谷文化生活情報センター セミナールームA(三軒茶屋駅前キャロットタワー5階)
☆参加費 1000円(ITI会員の方と学生は500円)

※受講当日に会場にてご精算いただきます
※学生の方は学生証をご持参ください

お申込み、詳細などはこちらをご覧下さい。

Check Also

【7/10より参加者募集開始】ワールド・シアター・ラボ「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ」(オンライン、9/6〜12)

海外の現代戯曲を、翻訳という視 …