shochiku
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

紛争地域から生まれた演劇シリーズ15『イサク殺し』公演


15回目を迎える今回は、2020年の『紛争12』で上演された衝撃の音楽劇。待望の再演です!

『国際演劇年鑑2024』特集企画
紛争地域から生まれた演劇15
【リーディング公演】

『イサク殺し』
作=モティ・レルネル(イスラエル)
翻訳・ドラマトゥルク=村井華代
演出=小林七緒(流山児★事務所)
音楽=諏訪創
プロデューサー=林英樹

出演
藤井びん(ワンダープロ)
井上加奈子(アル☆カンパニー)
上田和弘(流山児★事務所)
辻京太(アンフィニー)
木村友美(MeiMei)
西條義将(モダンスイマーズ)
荒木理恵(流山児★事務所)
山下直哉(流山児★事務所)
神原弘之(劇団1980)
勝俣美秋
今野健太(THEATRE MOMENTS)

【作品について】
1998年のある夕べ、イスラエル国営のPTSDリハビリセンターで、入所者による劇が上演されている。題材はラビン首相殺害事件。
1995年11月4日、当時のイスラエル首相イツハク・ラビンは平和集会に集まった市民の目の前で銃撃され、死亡した。犯人は和平に反対する極右ユダヤ人青年。オスロ合意が成立し、パレスチナとの間に待望の平和が実現すると思われた矢先、希望はなぜ打ち砕かれてしまったのか?
入所者チームの作・演出をつとめ、ラビン首相を演じるのは、1948年の第一次中東戦争以来50年間センターに入所している退役軍人ビンデル。戦争に人生を破壊された入所者らが描く、《戦争に憑かれた国家》イスラエルの病理とは…

宗教的原理主義、極右政治、レイシズム、暴力への欲望ー1995年の首相暗殺事件直後に執筆された本作は、2023年の現実の予言でもあった。イスラエルの政治劇を代表する劇作家モティ・レルネルが描く、国家の深層を抉る問題劇。その政治的道徳的挑発性ゆえにドイツ・アメリカでは大反響を得たが、いまだ本国では劇場公演されていない。

【作家について】
モティ・レルネル(Motti Lerner)

1949年イスラエル生まれ。ヘブライ大学で数学・物理学を専攻するが、兵士として第四次中東戦争(1973)に従軍後、演劇人に転身。戯曲のほとんどでイスラエルとユダヤ人に関わる政治的・倫理的問題を扱う。ドラマトゥルクとしてイスラエル主要劇場の運営を担い、劇作家・シナリオライターとして国内外に作品を多数提供してきた、イスラエルを代表する演劇人のひとり。テルアビブ大学では政治的劇作の教員をつとめ(1993-2008)、オックスフォード大学ヘブライ学研究センター(1992)、デューク大学ドラマ学部客員教授(1997)、アイオワ大学国際作家プログラム(2004)等、欧米の大学への招聘・講演歴多数。
劇作家・シナリオライターとしてメスキン戯曲賞(1985)、イスラエル首相賞(1994)、イスラエル映画アカデミー最優秀テレビドラマ賞(1995)、最優秀テレビ映画賞(2004)、映画・テレビに対するランダウ賞(2014)等。第一次中東戦争中のイスラエル軍によるパレスチナ市民虐殺の歴史を問う『告白』(2014)は、小劇場のアカデミー賞「金のハリネズミ賞」から勇気ある上演に対して新設された「敢行賞」第一回受賞作となった。

■日時
10月13日(金)19時
10月14日(土)14時
10月15日(日)14時 

※トークの日程と内容は後日発表いたします。

■会場
シアター風姿花伝 (JR山手線「目白駅」より徒歩18分/バス6分 都営大江戸線「落合南長崎駅」より徒歩約12分
西武池袋線「椎名町駅」より徒歩8分 西武新宿線「下落合駅」より徒歩約10分
http://www.fuusikaden.com/access.html

■チケット発売日 2023年9月5日(火)10時~
※こりっち、電話、メールで受付
※映像配信チケットはカンフェティチケットセンターで10月17日(水)10時~発売

■チケット料金 一般 2,000円 学生 1,000円

■ご予約・お問い合わせ
国際演劇協会日本センター
E-mail : ititicket@gmail.com
TEL 03-3478-2189 平日11時~17時

Web予約https://ticket.corich.jp/apply/268743/

※メールでお申込みの際は件名を「紛争地域から生まれた演劇15申込」として以下5点を明記のうえお送りください。
①氏名・ふりがな ②希望日時 ③人数 ④電話番号 ⑤ititicket@gmail.com から受信可能なメールアドレス
※会期中は090-2942-2060 (山田) までお問合せください

■映像配信
2023年11月1日(水)より
料金 2,000円
視聴券販売期間:10月17日(火)10:00~2024年1月17日(水)23:59
配信期間:11月1日(水)10:00~2024年1月31日(水)23:59
※配信期間中のお好きなタイミングで14日間(336時間)視聴できるサービスです
ご予約(WEB限定)カンフェティチケットセンター
http://confetti-web.com/isaku_streaming
※クレジット決済、セブン・イレブン決済がご利用いただけます。(セブン・イレブン決済のみ、ご購入者さまに別途手数料220円がかかります)
【配信チケットに関するお問合せ】カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間平日10:00~18:00)

■主催・企画制作=公益社団法人 国際演劇協会日本センター
■助成=文化庁文化芸術振興補助金(舞台芸術等総合支援事業(次代の文化を創造する新進芸術家育成事業))
独立行政法人日本芸術文化振興会

総合プロデューサー︎ 林英樹
制作 山田真里亜 櫻井拓見
舞台監督 白神久吉
テクニカルスタッフ 株式会社ステージワークURAK
照明 寿里
著作権コーディネイト 万里紗
アーカイブ配信映像 吉本直紀(スタジオ0033)
写真撮影 石澤知絵子
チラシデザイン 奥秋圭

【協力】
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター
一般社団法人日本演出者協会
一般社団法人日本劇作家協会


Check Also

【ワールド・シアター・ラボ】リーディング公演 2024/2/22-25(東京・上野ストアハウス)

戯曲を通して世界と出会う 「ワ …