【会員近況】壁なき演劇センターよりワークショップのご案内


団体会員の壁なき演劇センターより8月と9月に開催されるワークショップのご案内が届きましたので、お知らせします。

前回開催した『桜の園』ワークショップ(作:チェーホフ)が終わった後に再び開催を望む声が非常に多く、また来年の3月に公演する新作(セルビア現代作品 ※本邦初訳・初演)に向けて一緒に作品を創れる出演者・新たな俳優との出会いも求め、演技の基礎から応用までを包括的に取り組み、作品創作へのアプローチ法をお伝えする2週間のワークショップを8月(第4回)と9月(第5回)に題材を新たに再び開催することにいたしました!

参加申込みの受付けが始まりましたので、お知らせいたします。
是非奮ってご参加ください❗️ご応募お待ちしております。

—————————————————–
『かもめ』(作:チェーホフ) の創作を通して学ぶ、俳優と演技の基本から、「生きる演技」を生み出す戯曲の読み解き方まで 〜 国際スタンダードの演技法 〜

ロシア・モスクワのMossovet国立劇場に研修演出家として所属した演出家杉山剛志による、「スタニスラフスキー・システムの実践的活用法」ワークショップ

—————————————————–
ベトナム国立劇場との国際共同制作において、ベトナムの現代演劇シーンに大きな衝撃と旋風を与え、国立劇場の正式レパートリーとなる作品を創作した演出家による国際スタンダードなワークショップが東京でも開催❗️

ベトナム国立劇場の俳優が体験した、演技の基礎から、「生きる演技」に直結する戯曲の読み方、作品創りまでをワンストップで学べる絶好の機会です。

次回の新作公演(2020年3月)や今後の国内外での活動をご一緒できる方々との出会いを期待し、経験の有無に関わらず、幅広い年齢・様々なバックグラウンドの方々のご参加をお待ちしています‼️

■プログラム内容
・『演技力』を支える能力(五感、集中力、注意力、アンサンブル、想像力など)を向上させる基礎トレーニング
・『俳優と演技の基本』を理解し、その能力を養うエチュード
・『生きる演技』を生み出す戯曲の読み解き方・アプローチ法
・『即興』による戯曲のシーン構築(身体的行動による戯曲分析法)
・『かもめ』の第一幕の通し上演(ショーケース発表)

■日程
<第4回WS>
2019年 8/18(日)~8/31(土)
8/18(日) & 8/25(日):12:30~21:30(休憩 1h)
平日および8/24(土):17:30~22:00
※8/23(金)、8/27(火)は休み
※8/31(土)の発表会は10:00-17:00

第5回WSも同内容で開催。ご都合のあう回へぜひお越し下さいませ。
<第5回WS>
2019年 9/23(月)~10/6(日)
《昼クラス》平日および9/29(日):10:00-16:00
《夜クラス》平日および9/29(日):17:00-22:00
※9/28(土)、10/5(土)は両クラス共に休み
※10/6(日)の合同発表会は10:00-18:00

第5回イベントページはこちらより:
https://www.facebook.com/events/1185369918316079/

■募集要項
・定員: 1クラス15名程度
・場所:都内施設およびスタジオ
・参加費:50,000円
※お申し込み完了後に30,000円、WS一週目最終日に20,000円お支払いください。

・締め切り
第4回WS:8/14(水)
第5回WS:9/18(水)
※定員に達し次第、先着で締切らせていただきます。

※割引のご案内
ご友人の俳優仲間の方と一緒に参加いただける方は、ご本人、ご友人の方ともに5,000円オフ(通常50,000円→45,000円)とさせていただきます。お誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。なお、割引ご利用の際は申し込みフォーム備考欄に、お友達のお名前と割引使用の旨をお書き添えください。
■対象のかた
・様々な演技メソッドを学んだけれど、それを実際の現場でどう活かせばいいのかピンと来ていない方
・古典戯曲の面白さを知りたい方
・「演技」ってそもそも何だろう? 分かっていたつもりだったけど、、何だったっけ?と疑問に思っている方
・台本、シナリオ、戯曲などの読み解き方を知りたい方
・自分の演技の繊細さ、鋭さ、独創性、芸術性を高めたい方
・俳優として確固たる軸や自信を持ち、自立した俳優としてもう一歩先に進みたい方
・俳優の潜在能力を引き出し作品創造の可能性を広げたい演出家や映像監督の方
・海外公演や国際共同制作、国際演劇祭の舞台に立つことに興味関心のある方

過去WSの様子
《第1回》https://www.facebook.com/events/189541861634482/
《第2回》https://www.facebook.com/events/319506898572390/
《第3回》https://www.facebook.com/events/286806722208066/

■申し込みフォーム
第4回2019年 8/18(日)~8/31(土)
http://urx2.nu/DvRP

第5回2019年 9/23(月)~10/6(日)
http://urx2.nu/TXZG

※お申し込み確認完了後、メールにてご連絡致します。
※基本的に、全日参加が条件ですが、参加できない日程がある、遅刻参加などございましたら、遠慮なくご相談ください。
———————–
★講師プロフィール
【杉山剛志 Sugiyama Tsuyoshi】一般社団法人 壁なき演劇センター 代表理事。

5年間にわたりフランス・パリ国立高等演劇学校教授ワダユタカ氏に師事し、スタニスラフスキー直系の愛弟子から体系的な俳優教育を受ける。その後、ロシア・フランス・ドイツ・ベルギーなどの演出家と国際共同創作プロジェクトを4年間に渡り行なう。
2008年からロシア国立モスソヴィエト劇場にて芸術副監督演出家ユーリー・エリョーミン氏に師事。同劇場に研修演出家として所属し、演劇の本場モスクワで演出を学ぶ。

国内外における公演活動の他、国際スタンダードの体系的俳優育成や、ヨーロッパおよびアジア諸国にて青少年・子供たちを対象にしたワークショップやシアター・エデュケーションも継続的に実施している。

2015年のステーリノ・ポゾリェ国際演劇祭(セルビア)に『バルカンのスパイ』(作:コバチェビッチ)が正式招聘され第4位に入賞。2016年のベトナム国際演劇祭では『かもめ』(作:チェーホフ)で最優秀作品賞および最優秀演出家賞を受賞。2017年には『かもめ』がベオグラード国際演劇祭(セルビア)と国際マルチメディアフェスティバル(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、クロアチアの国際演劇祭へ正式招聘され東欧3カ国5都市ツアーを実施。
2018年には国立ベトナム青年劇場との共同制作『ワーニャ伯父さん』(作:チェーホフ)を現地ハノイにて滞在創作し、ベトナム3都市ツアーを実施。その上演はテレビ、新聞、雑誌、Webなど各メディアで連日取り上げられ、国立劇場の正式なレパートリー作品となり現在もなお上演され続けている。

国内では、2016年『かもめ』、2017年『ビザール〜奇妙な午後〜』(作:ジェーリコ・フバッチ)、2019年『ワーニャ伯父さん』など。
【壁なき演劇センター  Theatre Centre Without Walls】
文化・民族・国籍・所属などに関係なく舞台芸術に関わる者が、一つの共同活動体として相互理解を築き、演劇を媒体として社会との関わりを目指すことを目的に活動している。

今秋11月にはシアタートラムとKAAT神奈川芸術劇場の共催のもと、ベトナム国立劇場との共同制作『ワーニャ伯父さん』の招聘公演がシアタートラムや横浜にて上演される。
また、来年3月下旬には「日本・セルビア演劇交流プロジェクト vol.3」として、新作公演『こおろぎたち』(セルビア現代作品 本邦初訳・初演) をシアター風姿花伝(目白)にて公演。
■お問い合わせ
メール:tcww.ws@gmail.com(件名:WS問い合わせ)
Website: http://theatrecentrewithoutwalls.org/

主催:一般社団法人 壁なき演劇センター

ccc48168e01ebafdbaef073c41eeab345_19909601_190717_0002

ccc48168e01ebafdbaef073c41eeab345_19909601_190717_0001