Slider

【会員近況】坂田ゆかりさん・渡辺真帆さんより『テラ 京都編』(3/26-28@京都・興聖寺 涅槃堂)のご案内


会員の坂田ゆかりさんが演出、渡辺真帆さんがドラマトゥルクを務める『テラ 京都編』が3月26日(金)から28日(日)まで京都・興聖寺で上演されます。


京都のまちなか、はたまた地獄?
旅する演劇の現在地

2018年フェスティバル/トーキョー、2019年アフリカ・チュニジアのカルタゴ演劇祭で話題となり、2020年にはタイのアーティストによってリメイクされたパフォーマンス作品『テラ』。2021年3月、オリジナルキャストによる2年ぶりの新作として、京都の禅寺・興聖寺を舞台に生まれ変わります。

お寺に集う「人間」をあらゆる角度から見つめ、現代の信仰や死生観への関心を観客と共にさぐる演劇『テラ』。東京・西巣鴨の浄土宗西方寺で初演、カルタゴ演劇祭でツアー公演の後、2020 年はタイのアーティストが現地の寺院で新作を発表。ミャンマー、インドネシア、ベトナムのチームも続々と加わり、コロナ時代の国際協働創作プロジェクト「テラジア 隔離の時代を旅する演劇」として再始動しました。

日本チーム最新作の京都編は、上京区の臨済宗興聖寺が舞台。さまざまな詩の断片、住職へのインタビュー、法話やお経を織り込んだテキストと、声、身体、ドラムや木魚の音が響き合います。
時空を廻るサイトスペシフィック・スペクタクル!その最新形を目撃してください。

★公演詳細はこちら

『テラ 京都編』
3月26日(金)15:00
3月27日(土)15:00
3月28日(日)15:00

会場 臨済宗 興聖寺 涅槃堂
開場 開演の30分前
上演時間 60分(予定)
●各回終了後、約30分間のアフタートークあり。
登壇ゲストは後日発表します

【チケット】
一般:3,000円
学生:2,000円(各回10枚限定)
<全席自由・要予約>
チケット購入ペ―ジはこちら
※当日券情報は、公式Twitterで更新します。

【キャスト・スタッフ】
演出 坂田ゆかり
出演 稲継美保
音楽 田中教順
ドラマトゥルク 渡辺真帆
衣裳 藤谷香子(FAIFAI)
制作 宮武亜季
写真記録 北川啓太
映像記録 ON-EI(佐々木美佳、紫藤佑弥、黒井岬)
主催 合同会社UPN
特別協力 臨済宗 興聖寺
協力 京都芸術センター(制作支援事業)
助成 東京藝術大学若手芸術家支援基金
コンセプト TERASIA

Check Also

【会員近況】「すべての子どもたちに豊かな文化環境を」オンライン講座ご案内:小心ズのヤノミさんより

連続3回オンライン講座 「すべ …