shochiku
201401~2
tomin_b
ITIbanner
W468×H60_r1_c1 (1)

【会員近況】3/4 MANDALA Presents Reading Live 2024 岸田國士を読む。冬『その人のゆくえ』_青柳敦子さんより


会員の青柳敦子さんよりご自身が演出なさる公演のご案内が届きました。

会員の青柳敦子です。
年に2回開催が恒例となっております MANDALA Presents Reading Live シリーズ 「岸田國士を読む。」に参加いたします。
この事業は、3.11の直後、自粛の嵐が吹き荒れる中「アートの灯を消すな」というライブハウスグループ曼荼羅さんの提案で始まったものです。いま、コロナ禍を何とか乗り越え、そして世界に諍いの灯が燃え立っている中、「アートはアクションになりえるのか?」という問いかけも込めての開催となります。
今回3組のグループが個性を競い合う中、「ひまわりの種」というグループで、3月4日に登場いたします。

ライブハウスという、劇場とは一味違った雰囲気の中で、お飲み物やお食事をとりながらご覧いただくステージを、どうぞお楽しみくださいませ。
みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

MANDALA Presents Reading Live 2024 岸田國士を読む。冬
3月4日(月) 『その人のゆくえ』 by ひまわりの種
脚本・演出 青柳敦子
出演 勝俣美秋(俳優) 佐野篤(ミュージシャン) 千鶴子(ダンサー・アーティスト)
創花 斉藤茶微江
ひまわりの種公式HP

◇神崎わたる 佐野篤を読む
ミュージシャン 佐野篤のおっかけとして、心の応援団副会長を名乗る男、神崎わたる。
岸田國士の短編喜劇『隣の花』を落語風に織り交ぜながら、その情熱のありったけを込めて、自らの推し活を語り倒します。
トナリノオクサンハ……トナリノゴシュジンハ……モシカシテウチノヨリモ……??
そんな思いを胸に抱いた経験は……どなたにもあるでしょう!? さてさていかなる顛末が???

◇アンリエットの転地療養日記
少女雑誌「令女界」に掲載された短い読み物。それをライブ・パフフォーマンスに仕立てました。
パリから病気療養のため、南フランスへ赴いたアンリエット。そこで少女が目にする「春」の景色……。
せつない出会いと別れの一コマが綴られたアンリエットの日記……。
語りと音楽、そして踊りでお届けします。

◇リヨンからの手紙
これは岸田國士の作品ではなく、本当にあったおはなしです。本当にあったことですが、物語のように不思議です。その「おはなし」を皆様にもおすそわけいたします。

3月4日(月))
18:00開場 19:00開演~
会場 南青山マンダラ
チケット 4,000円+1ドリンク別オーダーをお願いいたします

チケットのお申し込み
南青山MANDALAご予約フォーム

Check Also

【会員近況】中山夏織さんより 劇場と舞台芸術の<ケア>する力 シンポジウム&ワークショップのご案内

会員の中山夏織さんよりご案内が …